このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
処女の寝台

処女の寝台

A 長編映画 by Philippe Garrel

Produced by Zanzibar

製作年 : 1969

    あらすじ

    海辺に置いてあるベッドの上に一人の女がいる。若い男が満ち潮から姿を現す。彼らの名前はマリアとイエス。ピエール・クレマンティが、救済すべき世界の中で途方に暮れている苦悩するキリストを演じる。その傍らで、ズーズーが、三役演じている。すでに黒衣を纏い、喪に服することを予示しているキリストの母親、ミニスカートを着て、妊娠している聖マリア、そして娼婦のマリー=マドレーヌ(マグダラのマリア)。キリストはこの娼婦にとても惹かれる。

    「寓話的な作風にもかかわらず、この作品は68年の政治的抑圧の告白という要素を含んでいて、当時の観客たちにはたいてい理解してもらえていた」。

    Source : institut.jp

    俳優 (10)

    映画製作・配給会社

    製作代表 :

    Zanzibar

    Subject

    海辺に置いてあるベッドの上に一人の女がいる。若い男が満ち潮から姿を現す。彼らの名前はマリアとイエス。すでに1967年に撮られた『記憶すべきマリア』でキリスト教的な題名を用いていたガレルは、『処女の寝台』で再び、キリスト教的メタファーを拠り所としている。ピエール・クレモンティが、救済すべき世界の中で途方に暮れている苦悩するキリストを演じる。その傍らで、ズーズーが、三役演じている。すでに黒衣を纏い、喪に服することを予示しているキリストの母親、ミニスカートを着て、妊娠している聖マリア、そして娼婦のマリー=マドレーヌ(マグダラのマリア)。キリストはこの娼婦にとても惹かれる。

    「『処女の寝台』は1969年の後半に撮った作品で、キリスト教神話についての私の見解が明白に分かるだろう。これは、非暴力的なたとえ話のようなもので、ズーズーがマリアと、マグダラのマリアの両方を演じ、ピエール・クレモンティがキリスト、落胆しきって、世界の悪意の前で断念してしまっているキリストを演じている。寓話的な作風にもかかわらず、この作品は68年の政治的抑圧の告白という要素を含んでいて、当時の観客たちにはたいてい理解してもらえていた」。(フィリップ・ガレル、『心臓の代わりにカメラを』)

    Source : institut.jp

    Photos (5)

    クレジットタイトル詳細 (4)

    Producer :

    Sylvina Boissonnas

    フォトディレクター :

    Michel Fournier

    シナリオライター :

    Philippe Garrel

    Sound recordists :

    Claude Jauvert, Jean-Pierre Ruh

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    実験映画

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    宗教

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1969

    フランス公開 :

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒