このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Last Blow

The Last Blow

A 長編映画 by Jacques De Baroncelli

Produced by Société des Films Osso

Release in France : 13/05/1932

    あらすじ

    Jean Murat stars as a cargo-boat skipper who holds his wife (Danielle Parcia) in a grip of terror thanks to his baseless jealousy. Taking charge of a new boat, the skipper is unaware that his wife has stowed away on the vessel, hoping to escape her brutish husband. When the boat crashes into an ocean liner, he proves himself a worthy hubby after all by saving his wife from a watery grave. This blood-and-thunder material is offset by the comic relief of Arnaudy, cast as a brainless ship's passenger.

    Source : allmovie.com

    俳優 (9)

    映画製作・配給会社 (2)

    フランス国内配給 :

    Pathé Consortium Cinéma

    クレジットタイトル詳細 (6)

    製作代表 :

    Adolphe Osso

    Directors of Photography :

    Louis Chaix, Henri Janvier

    作曲家 :

    Mauricio Roget, Serge Veber

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    センチメンタルコメディ

    テーマ :

    陰謀

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1932

    フランス公開 :

    13/05/1932

    上映時間 :

    1 時間 17 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル