このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Diary of a Pregnant Woman

Diary of a Pregnant Woman

A 短編映画 by Agnès Varda

Produced by Ciné-Tamaris

製作年 : 1958

    あらすじ

    A pregnant filmmaker takes us to rue Mouffetard, "la Mouffe," in the Latin Quarter of Paris, for a mix of documentary footage and imagined scenes. Vignettes or chapters unfold - on the feeling of nature, on pregnancy, on anxiety, on desire, and so forth. Women shop at a vegetable market, their faces marked by care and poverty. We see young lovers, playful and innocent. Derelicts drink and sleep on sidewalks. A weary pregnant woman carries her shopping bags; later, she eats flowers. There are counterpoints of gritty realism and playful, near-surrealistic images. Political and artistic consciousnesses create a montage.

    Source : IMDb

    俳優 (4)

    映画製作・配給会社

    製作代表 :

    Ciné-Tamaris

    クレジットタイトル詳細 (4)

    Screenwriter :

    Agnès Varda

    Editor :

    Janine Verneau

    Directors of Photography :

    Agnès Varda, Sacha Vierny

    作曲家 :

    Georges Delerue, Agnès Varda

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    フィクション, ドキュメンタリー

    テーマ :

    女らしさ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1958

    上映時間 :

    17 分

    ニュメロ·デ Visa :

    21.492

    生産のフォーマット :

    スーパー16

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.33

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし