このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Du côté de la Côte

Du côté de la Côte

A 短編映画 by Agnès Varda

Produced by Argos Films

製作年 : 1958

    あらすじ

    Tongue-in-cheek look at the French Riviera, especially in summer when it overflows with tourists. Reviews its history and famous visitors; displays its faux-exotic buildings, its crowded beaches, its trees and monuments; and, pokes fun at the colors women wear and the vagaries of fashion. The film celebrates the use of "Eden" as a place name, suggesting that paradise comes to the coast after all are gone, perhaps only on a remote island beach.

    Source : IMDb

    映画製作・配給会社

    製作代表 :

    Argos Films

    クレジットタイトル詳細 (8)

    製作代表 :

    Anatole Dauman, Philippe Lifschitz

    Screenwriter :

    Agnès Varda

    フォトディレクター :

    Quinto Albicocco

    スクリプト :

    Anne Olivier

    監督補佐 :

    Michel Mitrani

    オフレコ :

    René Coggio, Anne Olivier

    Editors :

    Henri Colpi, Jasmine Chasney

    作曲家 :

    Georges Delerue

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    テーマ :

    観光

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1958

    上映時間 :

    24 分

    ニュメロ·デ Visa :

    21.220

    ビザ発行日 :

    30/12/1958

    生産のフォーマット :

    Super 35

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし