このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Ecce homo

A 長編映画 by Abel Gance

Produced by Le Film d'Art (Vandal et Delac)

製作年 : 1918

    俳優 (2)

    映画製作・配給会社

    Subject

    The first step towards the ideal Gance had about "people going to the movies as they go to Mass", was to be J’accuse (I Accuse), part one of a projected trilogy inspired by Woodrow Wilson’s plan for a League of Nations, of which the other parts would be Les Cicatrices (The Scars) and La Société des Nations. Almost at once, though, this was set aside for a more ambitious plan: an apocalyptic trilogy centered around the figure of a Christlike philosopher named Jean Novalic. Gance had gained the support and financial backing of the doyen of French producers, Charles Pathé, through whose company Film d’Art released, and
    in April 1918 began shooting Ecce Homo, first of the Novalic trilogy. Dissatisfied with the results, he abandoned filming after a few days, and with Pathé’s agreement started work instead on
    J’accuse.

    クレジットタイトル詳細 (3)

    プロデューサー :

    Louis Nalpas

    フォトディレクター :

    Léonce-Henri Burel

    シナリオライター :

    Abel Gance

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    サイレント

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1918

    フランス公開 :

    経過状況 :

    CNC助成 :

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    サイレント