このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Sarajevo à l'heure bosnienne

Sarajevo à l'heure bosnienne

A 短編映画 by Emmanuelle Sabouraud

Produced by Candela Productions

製作年 : 2012

あらすじ

Marie and François stopped in Sarajevo to live fora few months the Bosnian way. Photos of the city, portraits and the encounters, feed their photographic project. We film them in their approach of the city and, through them, we meet the Bosnian's. In front of the camera, each of them tells of Sarajevo today, fifteen years after the agreements of Dayton. Children at the time of the conflict, they are thirty-year old adults confronted with the ethnic, economic and political situation of the country today. Photos mix with the filmed images. Words and the looks cross each other. A fabric of exchanges builds itself between the photographers, the people photographed and the film team.

映画製作・配給会社

製作代表 :

Candela Productions

クレジットタイトル詳細 (6)

Director of photography :

Florence Sagory

Production manager :

Marie Laurence Delaunay

サウンド・ミキサー :

Henri Puizillout

技術面詳細

短編映画

ジャンル :

ドキュメンタリー

サブジャンル :

創作ドキュメンタリー

テーマ :

戦争, 思い出, 写真

言語 :

セルビア・クロアチア語, フランス語, 英語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

2012

上映時間 :

56 分

ニュメロ·デ Visa :

132.436

ビザ発行日 :

13/04/2012

生産のフォーマット :

HDV

カラータイプ :

カラー

画面セット :

16/9

Audio format :

ステレオ

禁止 :

なし

Posters (1)

Director

映画祭でのセレクション

Warsaw Film Festival - 2012

Warsaw Film Festival (ポーランド, 2012)

Selection

The World Today