このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
春来りなば

春来りなば

A 長編映画 by Marcel L'Herbier

Produced by Cinégraphic

Release in France : 03/03/1928

    あらすじ

    フランスノルマン海岸の港に育った乙女ルディヴィンは幼な友だちの若者デルファン親子の船が難破してデルファンが一人助かり孤児となったのを同情 し、父を説き伏せて自分の家に引取ってやる。彼女の家は若者が来てから急に明るく楽しげになった。ところがこの村にラウデリンという男が酒場をひらくよう になってデルファンも娘の父親に連れられ、よく酒場に姿を現わすようになった。酒場で女と一緒に酒を飲むデルファンの姿を見るとルディヴァンの心は穏かで はない。デルファンも彼女をひそかに想っていたこととて或る船乗り祭りの日二人はお互いの気持ちを打明け合って愛の抱擁を交わす。だがこの時二人の恋には すでに暗い影がさしていた。酒場の主人ラウデリンにルディヴィンの磨かれていない美しさに眼をつけ彼女の父親に交渉する。娘は承知しない。彼女に若者デル ファンがついていることを知った父親は若者を脅かしつける。恩をきている上に気弱なデルファンは自分の意見を通し切ることが出来ずに泣く泣く諦めようと彼 女の父親に語る。ルディヴァンは若いだけに自分への恋を裏切ったものと信じ若者への面当てにラウデリンとの結婚を承知する。若者は荷物をまとめて世話に なった家から立去ってゆく。それ以来デルファンの消息は絶えた。次の年の船乗り祭りが来た時乙女ルディヴィンの許に手紙が届く。それは貨物船に乗り込んで 永遠に故国を離れようとする若者からの最後のたよりであった。一時の感情から換え難い恋を失ったルディヴァンは一人寂しく泣くばかりだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (9)

    映画製作・配給会社

    製作代表 :

    Cinégraphic

    Subject

    「人でなしの女」「生けるパスカル(1925)」「幻影」「金」等と同じくマルセル・レルビエ氏が監督したものでフランスの女流作家ルシー・ドラ ルー・マードルの原作からレルビエ氏自身が脚色した。主演者はイギリスの映画女優として知られているベティー・バルフォア嬢であるが、これを助けて「海の 人」「エルドラドオ」「美わしの王子」「幻影」のジャック・カトラン氏、「幻影」「海の人」「翡翠の箱」のロジェ・カール氏、アンドレ・ノクス氏その他が 出演している。(無声)

    Source : movie.goo.ne.jp

    Photos (6)

    クレジットタイトル詳細 (7)

    監督補佐 :

    Claude Autant-Lara

    原作者 :

    Lucie Delarue-Mardrus

    Directors of Photography :

    Jean Letort, Louis Le Bertre, Lucien Bellavoine

    美術部長 :

    Jacques Manuel

    Adapter/dialogue writer :

    Marcel L'Herbier

    シナリオライター :

    Marcel L'Herbier

    Production Designers :

    Claude Autant-Lara, Lucien Aguettand, Robert-Jules Garnier

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    サイレント

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1928

    フランス公開 :

    03/03/1928

    上映時間 :

    2 時間 5 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.33

    Audio format :

    サイレント