このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
シシリアン

シシリアン

A 長編映画 by Henri Verneuil

Produced by Les Films du Siècle, Les Productions Fox Europa

Release in France : 01/12/1969

    あらすじ

    パリに住むマフィアの顔役、ビットリオ・マナレーゼ(G・ギャバン)は五月の蝿と異名をとる、殺し屋サーテット(A・ドロン)を、獄中から救出する 計画を立てていた。彼から送られた莫大な値打のスタンプ・コレクションに対する返礼であった。裁判所で、ビットリオの二人の息子、アルド(Y・ルフェーブ ル)とセルジオ(M・ポレル)に電気ドリルを渡されたサーテットは、護送車で送られる途中、アルドの妻ジャンヌ(I・デミック)の助けをかりて逃走に成 功。一年ほど前にル・ゴフ警部(L・バンチュラ)に逮捕されて以来、久しぶりに自由を得たのだった。その後しばらくの間、ビットリオにかくまわれていた サーテットはジャンヌと人知れず愛し合うようになっていた。やがてサーテットは、獄中仲間から手に入れた宝石強奪の仕事の話を、ビットリオにもちかけた。 心動かされた彼は、ニューヨークのマフィアのボスであるトニー・ニコシア(A・ナザリ)に助力をあおぐことにした。その結果、パリからニューヨークへ宝石 を運ぶ飛行機を襲うことに決められた。当日、ビットリオ、アルド、セルジオ、それにサーテットが問題の飛行機に乗込み、何億ドルという宝石を略奪してし まった。仕事が終った後、南米へずらかる予定のサーテツトをニューヨークに残し、ビットリオたちはパリへ戻って来た。そこでシシリーへ帰る支度をしていた ビットリオは、孫の口から、サーテットとジャンヌに浮気の事実があったことを聞いた。シシリー人の面目を汚された彼は、ジャンヌともども殺そうと思いサー テットを呼び戻すべく、トニーに工作を依頼した。しかしジャンヌの密告をうけた妹から自分が狙われているということを聞いたサーテットは、アルドとセルジ オが待機するオルリーには、降り立たなかった。逆にこの二人は、サーテットの妹にかけられたジャンヌの電話を傍受していたル・ゴフ警部に逮捕されてしまっ た。このことをサーテットから聞いたビットリオは、パリ郊外で分前を払うとサーテットに伝え、ジャンヌをつれてその場に出かけた。殺気をはらんで向い合う 両雄。最初に火を吹いたビットリオの銃が、サーテットの身変りになったジャンヌを血にそめた。そして、つづけざま、サーテットの身体に、弾丸がぶちこまれ た。二人の死骸を残し、戻って来たビットリオ。しかし、そこには、ル・ゴフが顔役の帰りを待ち受けていた。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (46)

    映画製作・配給会社 (2)

    フランス国内配給 :

    Fox France

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (18)

    Assistant directors :

    Marc Grunebaum, Bernard Stora

    原作者 :

    Auguste Le Breton

    フォトディレクター :

    Henri Decaë

    Sound assistants :

    Marcel Corvaisier, Vartan Karakeusian

    撮影技師 :

    Charles-Henri Montel

    編集担当 :

    Pierre Gillette

    装飾 :

    Jacques Saulnier

    スタントマン :

    Yvan Chiffre

    スチールマン :

    Vincent Rossell, Victor Rodrigue

    Adapters/dialogue writers :

    Henri Verneuil, José Giovanni, Pierre Pelegri

    プロデューサー :

    Jacques-Eric Strauss

    録音技師 :

    Jean Rieul

    撮影技師アシスタント :

    Jean-Paul Cornu, François Lauliac

    製作部長 :

    Jacques Juranville

    スクリプト :

    Lucile Costa

    作曲家 :

    Ennio Morricone

    Costume designer :

    Hélène Nourry

    演出助手 :

    Gérard Crosnier

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1969

    フランス公開 :

    01/12/1969

    上映時間 :

    1 時間 55 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    35085

    ビザ発行日 :

    26/11/1969

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル

    Posters (3)

    監督