このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Ear and the Shell

The Ear and the Shell

A 短編映画 by Gaëtan Robillard

Produced by Le Fresnoy - Studio National des Arts Contemporains

製作年 : 2012

あらすじ

Tadik, plunged into a trial pond, unfolds her archive: the plans of the first submarine Gymnote designed by his grandfather, Arthur Krebs, from a request by the army. Shelley, acoustician for the industry, evokes the voice of her grandfather Harry. She guides our listening when the experimenters found themselves dived into a blind submarine.

映画製作・配給会社

Photos

クレジットタイトル詳細 (9)

監督補佐 :

Brice Artieri

録音技師 :

Rémi Menucci

編集担当 :

Gaëtan Robillard

作曲家 :

Érik Satie

サウンド・ミキサー :

Christian Cartier

シナリオライター :

Gaëtan Robillard

製作部長 :

Jacky Lautem

音声編集担当 :

Rémi Menucci

特殊効果 :

François Engrand

技術面詳細

短編映画

ジャンル :

アニメーション

サブジャンル :

人物描写, 探求-実験

テーマ :

歴史, 科学と技術, 幻影

言語 :

フランス語, 英語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

2012

上映時間 :

24 分

生産のフォーマット :

Canon 7D

画面セット :

16/9

Audio format :

ステレオ

禁止 :

なし

監督