このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
La Garçonne

La Garçonne

A 長編映画 by Jacqueline Audry

Produced by Elysée Film

Release in France : 05/04/1957

    あらすじ

    Set in Paris in the 1920s, the film stars Andree Debar as a rebellious lass who believes that the "double standard" concerning men and women should be abolished. Thus she makes love to as many partners as she wishes, without ever falling in love. Eventually, of course, she finds a soul-mate for life, but not before a good time is had by practically all.

    俳優 (41)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Elysée Film

    フランス国内配給 :

    Les Films Corona

    Film exports/foreign sales :

    Celia Films

    クレジットタイトル詳細 (19)

    製作代表 :

    Eugène Tucherer

    Adapters/dialogue writers :

    Pierre Laroche, Jacqueline Audry

    原作者 :

    Victor Margueritte

    録音技師 :

    Julien Coutellier

    撮影技師 :

    Raymond Lemoigne

    Editor :

    Yvonne Martin

    スクリプト :

    Jeanne Witta-Montrobert

    作曲家 :

    Jean Wiener

    サウンド・ミキサー :

    Jacques Bonpunt

    演出助手 :

    Maurice Hartwig

    Assistant directors :

    Bernard Toublanc-Michel, Henri Toulout

    せりふ作者 :

    Marcel Achard

    フォトディレクター :

    Marcel Grignon

    撮影技師アシスタント :

    Jean Benezech, André Marquette

    製作部長 :

    Eugène Tucherer

    Assistant editor :

    Janine Oudoul

    装飾 :

    Lucien Aguettand

    Costume designers :

    Mireille Leydet, Gladys de Segonzac

    スチールマン :

    Emile Savitry

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    文学作品翻案, 人生ドラマ

    テーマ :

    同性愛

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1956

    フランス公開 :

    05/04/1957

    上映時間 :

    1 時間 37 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    18842

    ビザ発行日 :

    05/04/1957

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル