このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
アデュー・フィリピーヌ

アデュー・フィリピーヌ

A 長編映画 by Jacques Rozier

Produced by Unitec france, Rome-Paris Films

Release in France : 25/09/1963

    あらすじ

    1960年(昭和35年)、パリ。ミシェルはもうすぐ徴兵のため、アルジェリアに 行かなくてはならない。いっぽう、ミシェルはテレビ局のエンジニアであり、リリアーヌとジュリエットと知り合う。彼女たちは、まるで「フィリピーヌ」とい うアーモンドのように離れられない友だちどうしである。ミシェルは最後の自由な日々について考え、仕事を辞め、休暇に、彼女たちが参加することに決めたコルシカへの道へいくのだった。

    Source : Wikipedia

    俳優 (16)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Unitec france, Rome-Paris Films

    Film exports/foreign sales :

    Potemkine Films

    海外製作作品 :

    Euro International Film (EIA)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (2)

    クレジットタイトル詳細 (16)

    制作担当者 :

    Marin Karmitz

    Assistant directors :

    Francis Cognany, Gabriel Garran, Philippe Laik

    Dialogue Writers :

    Michèle O'Glor, Jacques Rozier

    Foreign producers :

    Giuseppe Valenzano, Giulio Sbarigia

    Sound recordists :

    Maurice Laroche, Jacques Lebreton, Louis Perrin

    撮影技師 :

    Jean Boffety

    Assistant editors :

    Annie Baronnet, Claude Barrois

    サウンド・ミキサー :

    Jean Nény

    製作代表 :

    Georges de Beauregard

    Adapter/dialogue writer :

    Jacques Rozier

    Screenwriters :

    Jacques Rozier, Michèle O'Glor

    フォトディレクター :

    René Mathelin

    撮影技師アシスタント :

    Christian Guillouet

    編集担当 :

    Jacques Rozier

    作曲家 :

    Jacques Denjan, Maxime Saury

    スチールマン :

    Raymond Cauchetier

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    センチメンタルコメディ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1962

    フランス公開 :

    25/09/1963

    上映時間 :

    1 時間 46 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    23887

    ビザ発行日 :

    24/09/1963

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒