このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
大進撃

大進撃

A 長編映画 by Gérard Oury

Produced by Les Films Corona

Release in France : 08/12/1966

    あらすじ

    花のパリがナチに占領されていた頃。そのパリ上空で、英国空軍の一機がドイツ軍に撃墜され、三名の搭乗者がパラシュートで脱出した。風呂屋で集合と いうことで、三人はわかれ、隊長は動物園に着陸し、何なく集合場所に向った。部下の一人ピーターは、とあるビルの窓わくを塗っていた臆病なペンキ屋のオー ギュスタン(アンドレ・ブールビル)の吊り台にひっかかった。ところがすぐ隣りがドイツ軍の司令部だったので、まったく関係ないオーギュスタンまで事件に まきこまれてしまった。一方、もう一人の部下アランはオペラ座の屋根に降り、芸術至上主義の指揮者スタニスラス(L・D・フュネス)の控室にもぐりこん だ。リハーサルから戻ったスタニスラスは仰天し、すぐ部屋から追い出そうとしたが、アランの必死の気迫に圧倒され、ついナチの将校の追求からかばってし まった。こうして、ピーターの代理のオーギュスタンとアランの嘆願にまけたスタニスラスは、指定の風呂屋で隊長にあい、打合せをすませた。ところが、この ことはすでにナチの将校に露見していた。のりかかった船と、スタニスラスとオーギュスタンは、三人の連合軍将校を脱出させることにした。南フランスのムル ソーなら脱出しやすいというので一行はそれぞれにムルソーに向ったが、行き違いや手違いで、全員ムルソーの司令部に捕まってしまった。だが、隊長の案で司 令部に火を放ち、全員めでたく脱出した。大空高く舞いあがったグライダーの中で、隊長にその勇気と献身をたたえられ、二人は、今やいっぱしのレジスタンス の闘士きどりだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (49)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films Corona

    Film exports/foreign sales :

    StudioCanal Films Limited

    海外製作作品 :

    Lowndes Production

    フランス国内配給 :

    Valoria Films

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (19)

    Assistant directors :

    Claude Clément, Lucile Costa, Gérard Guerin, Serge Vallin

    Dialogue Writers :

    André Tabet, Georges Tabet

    Screenwriters :

    Danièle Thompson, Gérard Oury

    Sound recordists :

    Urbain Loiseau, Antoine Bonfanti

    撮影技師 :

    Alain Douarinou

    報道担当(映画) :

    Georges Cravenne

    Assistant editors :

    Laurence Leininger, Janine Oudoul

    Production Designers :

    Jean André, Théobald Meurisse

    Stunt performers :

    Gérard Streiff, André Bézu, Claude Carliez

    スチールマン :

    Victor Rodrigue

    Adapters/dialogue writers :

    Gérard Oury, Danièle Thompson, Marcel Jullian

    プロデューサー :

    Robert Dorfmann

    Directors of Photography :

    André Domage, Claude Renoir

    撮影技師アシスタント :

    Vladimir Ivanov

    Production managers :

    Georges Malon, Pierre Saint-Blancat

    編集担当 :

    Albert Jurgenson

    Continuity supervisors :

    Francine Corteggiani, Madeleine Billeaud

    作曲家 :

    Georges Auric

    Costume designer :

    Tanine Autré

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    テーマ :

    戦争

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イギリス, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イギリス, フランス)

    製作年 :

    1966

    フランス公開 :

    08/12/1966

    上映時間 :

    2 時間 2 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    31732

    ビザ発行日 :

    07/12/1966

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル