このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ヴィルコの娘たち

ヴィルコの娘たち

A 長編映画 by Andrzej Wajda

Produced by Films Molière

Release in France : 30/05/1979

    あらすじ

    30年代のポーランドを舞台に、故郷に静養に訪れた男が、成長した隣家の幼なじみの女たちに翻弄される様を皮肉と叙情を交えて描いた一編。監督は「コルチャック先生」「聖週間」のポーランドを代表する名匠、アンジェイ・ワイダで、本作は彼が79年に手掛けた、彼にしては珍しく政治色が皆無の作品で、今回が日本初公開となる。製作主任はバルバラ=ペツ・スレシカ。脚本は、ポーランドの国民的作家ヤロスラフ・イヴァンシュケヴィッチ(特別出演も)の同名短編を、ズビグニエフ・カミンスキが執筆。撮影は「大理石の男」「愛の記録」でワイダと組んだ、「デカローグ第2・3話」のエドワルド・クォシンスキ。美術のアラン・ストラスキ、編集のハリナ・プルガルはワイダ作品の常連スタッフ。主演は「婚礼」などワイダ作品の常連で、「愛と哀しみのボレロ」ほか国際的にも知られるダニエル・オルブリスキ。共演はワイダ夫人でもあるクリスティナ・ザフヴァトヴィッチ、「婚礼」のマヤ・コモロフスカ、監督作「不倫の公式」直後に自殺を遂げたフランスの女優クリスティーヌ・パスカルほか。

    俳優 (10)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Films Molière

    海外製作作品 :

    Film Polski

    フランス国内配給 :

    Films Molière

    Co-productions :

    Pierson Production, MultiCiné

    Film exports/foreign sales :

    Celia Films

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (9)

    原作者 :

    Jaroslav Iwaszkiewicz

    Foreign producer :

    Barbara Pec-Slesicka

    フォトディレクター :

    Edward Klosinski

    Editor :

    Halina Prugar-Ketling

    Costume designer :

    Wieslawa Starska

    シナリオライター :

    Zbigniew Kaminski

    Co-producers :

    Tony Molière, Claude Pierson

    製作部長 :

    Tony Molière

    装飾 :

    Allan Starski

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    ポーランド語

    出身 :

    ポーランド, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1979

    フランス公開 :

    30/05/1979

    上映時間 :

    2 時間

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    50082

    ビザ発行日 :

    06/06/1979

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    オスカー  - 1980

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1980)

    Selection

    Nomination for Best Foreign Language Film