このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Eusèbe député

A 長編映画 by André Berthomieu

Produced by Productions Salkind

Release in France : 09/03/1939

    あらすじ

    Eusèbe Bonbonneau, a solicitor's clerk, learns one day that a candidate bearing his name runs for election as a member of parliament. In fact Frazier, a crooked businessman, has urged an accomplice to impersonate Eusèbe, in order to obtain, through this straw man, authorizations for the creation of a casino in Sanceau-les-Nains and to make big money out of it. Eusébe decides to go to Paris to investigate. In the capital he meets Mariska, an exuberant actress who encourages him to try to get elected. As a result, thanks to her the true Bonbonneau becomes a member of parliament and the crook's accomplice is arrested. But Frazier is not impressed and, changing tactics, he starts manipulating Eusèbe.

    Source : IMDb

    俳優 (22)

    映画製作・配給会社

    製作代表 :

    Productions Salkind

    クレジットタイトル詳細 (11)

    監督補佐 :

    Henri Calef

    原案 :

    Tristan Bernard

    フォトディレクター :

    Fred Langenfeld

    撮影技師 :

    Charles Suin

    編集担当 :

    Henri Taverna

    作曲家 :

    Michel Michelet

    Dialogue Writers :

    Jacques de Féraudy, Akos Tolnay

    シナリオライター :

    Akos Tolnay

    Sound recordists :

    Jacques Carrère, Paul Boistelle

    製作部長 :

    Paul Bentata

    Production Designers :

    Robert Gys, James Allan

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    テーマ :

    政治

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1938

    フランス公開 :

    09/03/1939

    上映時間 :

    1 時間 25 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル