このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Come What May

Come What May

A 短編映画 by Maxime Feyers, Mathieu Bergeron

Produced by La Luna Productions

製作年 : 2012

あらすじ

After a call from Line at the hospital, Paul's universe becomes unsteady.

俳優 (2)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

La Luna Productions

Film exports/foreign sales :

La Luna Diffusion

海外製作作品 :

Soupmedia

Photos (4)

クレジットタイトル詳細 (15)

製作代表 :

Sébastien Hussenot

シナリオライター :

Maxime Feyers

フォトディレクター :

Philippe Therasse

撮影技師アシスタント :

François Andreoletti

編集担当 :

Christopher Yates

スクリプト :

Catherine Grossen

作曲家 :

Daniel Offermann, Éric Bribosia

サウンド・ミキサー :

Thibaut Vandermeersch

監督補佐 :

Sébastien Petit

海外プロデューサー :

Maxime Feyers

Sound recordists :

Roland Voglaire, Dominique Warnier

製作部長 :

François-Xavier Willems

音声編集担当 :

Bruno Schweisguth

装飾 :

Luc Noël

Costume designer :

Anne-Sophie Feyers

技術面詳細

短編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ, センチメンタルコメディ

テーマ :

愛, カップル, ノスタルジー, 老い, 病気

言語 :

フランス語

出身 :

フランス, ベルギー

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, ベルギー)

製作年 :

2012

上映時間 :

16 分 30 秒

ニュメロ·デ Visa :

132.531

ビザ発行日 :

30/11/2012

生産のフォーマット :

HD

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビー 5.1

禁止 :

なし

Directors (2)

映画祭でのセレクション (3)