このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Blanche and Marie

Blanche and Marie

A 長編映画 by Jacques Renard

Produced by G.A. FILMS, Odessa Films

Release in France : 03/04/1985

    あらすじ

    A little town in the north of France, 1941. Blanche has three children. She worries about her husband Victor, who often goes out at night. Actually, Victor belongs to the Resistance. Soon, Blanche will be a resistant too. In the network, there is also Germinal, the hairdresser. His daughter Marie knows everything and asks to be part of it... Chronicle of the occupation and of the resistance through the eyes of the women.

    Source : IMDb

    俳優 (29)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    G.A. FILMS, Odessa Films

    Film exports/foreign sales :

    Tamasa Distribution

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (15)

    製作代表 :

    Yannick Bernard

    Dialogue Writers :

    Sophie Goupil, Jacques Renard

    共同製作 :

    Ariel Zeïtoun

    録音技師 :

    Bernard Aubouy

    Editor :

    Anna Ruiz

    装飾 :

    Christian Vallerin

    Foley artist :

    Jean-Pierre Lelong

    Set decorator :

    Pascal Graffin

    Assistant directors :

    Michèle Andreucci, Jérôme Chalou, Christophe Vassort

    Screenwriter :

    Sophie Goupil

    フォトディレクター :

    Gérard de Battista

    Sound assistants :

    Sophie Chiabaut, Patrice Guillou

    編集アシスタント :

    Michel Crivellara

    作曲家 :

    François Bréant

    Costume designer :

    Renée Renard

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ, 戦争

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1985

    フランス公開 :

    03/04/1985

    上映時間 :

    1 時間 32 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    59.209

    ビザ発行日 :

    02/04/1985

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー