このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ランデヴー

ランデヴー

A 長編映画 by André Téchiné

Produced by T Films

Release in France : 15/05/1985

  • Contents

俳優 (16)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

T Films

Film exports/foreign sales :

MK2 Films (ex MK2)

共同製作 :

France 2 Cinéma

フランス国内配給 :

Ugc

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (4)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

田舎出身の女優志願の娘ニーナ(ジュリエット・ビノシュ)は部屋を借りる時世話になったポーロ(ヴァデック・スタ ンザック)に友情を感じつつも、幾人かの男性と関係を持っている。ある日ポーロの部屋で出会った役者くずれの彼の友人カンタン(ランベール・ウィルソン) の翳を持った破滅的な雰囲気に強く魅かれ、結ばれる。彼らの三角関係はカンタンの自殺ともとれるような交通事故死によって終わりを迎えるが、葬儀の日に現 れた初老の男スクルツレー(ジャン・ルイ・トランティニャン)によって、ニーナはカンタンがかつて「ロミオとジュリエット」で共演したスクルチレーの娘と 心中し、自分だけ生き残った過去を持つことを知る。スクルツレーは「ロミオとジュリット」の再演を夢見て、ニーナをジュリエット役に抜擢する。カンタンへ の思いが亡霊のように苦しめるなか、ニーナはただ一人、舞台の初日をむかえるのであった。

Subject

After making a television production: La Matiouette ou l'arrière-pays (1983), Téchiné returned to critical attention with Rendez-vous (1985), a sexy noir melodrama replete with the seductive surface of the era. In the film a would-be actress, Nina, fleeing her provincial home for Paris, enters a turbulent love relationship with a sadistic, self-destructive young actor, who caused the death of his former girlfriend. When the actor himself is killed in an accident, or possible suicide, his former mentor/director, and father of the dead girlfriend, determines to cast the inexperienced Nina as the female lead in 'Romeo and Juliet', a role his deceased daughter played. The film is ultimately a vehicle for exploring the violent intensity of certain emotional attachments and their ability to cause one's life to spin off in unexpected directions. By now a key director of the post-New Wave, this film earned Téchiné the Cannes Festival Best Direction Award while helping launch the career of Juliette Binoche.

Source : Wikipedia.

クレジットタイトル詳細 (16)

製作代表 :

Alain Terzian

Screenwriters :

André Téchiné, Olivier Assayas

Sound assistant :

Sophie Chiabaut

Editor :

Martine Giordano

Assistant editor :

Suzanne Koch

作曲家 :

Philippe Sarde

美術装飾 :

Jean-Pierre Kohut-Svelko

サウンド・ミキサー :

Dominique Hennequin

Assistant directors :

Michel Bena, Bruno Herbulot, Philippe Landoulsi

フォトディレクター :

Renato Berta

製作部長 :

Armand Barbault

音声編集担当 :

Jean Gargonne

スクリプト :

Michèle Andreucci

Foley artist :

Jonathan Liebling

Costume designer :

Christian Gasc

演出助手 :

Jean-François Pierrard

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

心理ドラマ

テーマ :

情愛, 演劇

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1985

フランス公開 :

15/05/1985

上映時間 :

1 時間 27 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

59694

ビザ発行日 :

20/05/1985

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

モノラル

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (3)

受賞 (2)