このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Welcome to China

Welcome to China

A 短編映画 by Olivier Ayache-Vidal

Produced by Karé Productions

製作年 : 2013

あらすじ

Gad Elmaleh was hired for the inauguration of a karaoke in China, but the date does not suit him. He asks to his brother Arié to take his place.

俳優 (8)

映画製作・配給会社 (2)

製作代表 :

Karé Productions

Film exports/foreign sales :

Premium Films

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

Photos (8)

クレジットタイトル詳細 (13)

製作代表 :

Antoine Gandaubert

エグゼクティブプロデューサー :

Antoine Gandaubert

フォトディレクター :

Sacha Wiernik

撮影技師アシスタント :

Sylvain Viricel

Editor :

Coralie Rubio

装飾 :

Gaël Leroux

サウンド・ミキサー :

Emmanuel Angrand

Assistant directors :

Florian Kuhn, Benjamin Blanc, Romaric Thomas

Screenwriters :

Olivier Ayache-Vidal, Fabien Prade

録音技師 :

Jean-Luc Verdier

製作部長 :

Benjamin Phuong Dung

音声編集担当 :

Emmanuel Angrand

作曲家 :

Flemming Nordkrog

技術面詳細

短編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー

テーマ :

詐欺, 家族, 旅行

言語 :

フランス語, 中国語(北京)

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

2013

上映時間 :

22 分

ニュメロ·デ Visa :

139.050

ビザ発行日 :

26/06/2014

生産のフォーマット :

HD

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビー 5.1

禁止 :

なし

監督

映画祭でのセレクション (2)