このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
愛すべき女・女たち

あらすじ

戦前から活動しているフランスのヴェテラン映画プロデューサー、ジョゼフ・ベルショルツ、西ドイツ・ベルリンのプロデューサー、ホルスト・ヴェントラントが、イタリアで盛んに製作されているコメディオムニバスに挑戦したのが本作である。

いわゆる「イタリア式コメディ」の形式を踏むため、イタリアから2監督をスタッフィング。ひとりはエンニオ・モリコーネの音楽で知られる『イタリア式家政』(1965年)のフランコ・インドヴィナ、もうひとりは『狂った情事』(1960年)でフランスとの合作経験のあるマウロ・ボロニーニ。フランスからは、ブリジット・バルドー主演の『可愛い悪魔』(1958年)でも若手プロデューサーラウール・レヴィが起用した巨匠クロード・オータン=ララ、ヌーヴェルヴァーグの映画監督からジャン=リュック・ゴダールと『まぼろしの市街戦』(1967年)のフィリップ・ド・ブロカを、そして西ドイツからは第17回カンヌ国際映画祭コンペティションに出品されフランス映画高等技術委員会賞を受賞した『Die Tote von Beverly Hills(ビヴァリーヒルズの死者)』(1964年)や、『レーザー・ライフル』(1966年)の監督ミヒャエル・フレガール[1]を起用した。

音楽は全編を通して、ジャック・ドゥミ監督の『シェルブールの雨傘』(1964年)で世界的に有名になったミシェル・ルグランがスコアを書いている。それ以外は、各編すべて独立したスタッフ体制で製作された。

Sketch #1 : Prehistoric Era (Franco Indovina),
Sketch #2 : Roman Nights (Mauro Bolognini),
Sketch #3 : Mademoiselle Mimi (Philippe de Broca),
Sketch #4 : Gay Nineties (Michaël Pfleghar),
Sketch #5 : Paris Today (Claude Autant-Lara),
Sketch #6
: Anticipation (Jean-Luc Godard).

俳優 (34)

映画製作・配給会社 (4)

海外製作作品 :

Rizzoli Film

フランス国内配給 :

Athos Films

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

Photos (4)

クレジットタイトル詳細 (9)

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー, ドラマ, 人生ドラマ, アンソロジー映画

テーマ :

売春

言語 :

フランス語

出身 :

フランス, ドイツ, イタリア

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, ドイツ, イタリア)

製作年 :

1966

フランス公開 :

21/04/1967

上映時間 :

1 時間 50 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

32285

ビザ発行日 :

30/03/1967

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

モノラル