このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Rape

Rape

A 長編映画 by Pierre Chevalier

Produced by Eurociné

Release in France : 28/11/1984

    あらすじ

    This film not only demonstrates the motivation behind the act of rape (one of the most horrible crimes), but also breaks down the wall of silence which has until now surrounded it.
    • Unsuspecting hitch-hikers
    • Young girls who happen to walk alone at night
    • Vietnamese women raped by American soldiers
    • Women alone in a house which is being burglarized
    • Female demonstrators, raped under the protective eye of law and order

    All these young women, finding themselves in such situations are too ashamed to talk about it. One must bring these facts to light. The men who smirk at these incidents must be made to think that could happen to their wiwes, their sisters, their daughters.

    俳優 (10)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Eurociné

    フランス国内配給 :

    Eurociné

    Film exports/foreign sales :

    Eurociné

    クレジットタイトル詳細 (7)

    製作代表 :

    Daniel Lesoeur

    フォトディレクター :

    Raymond Heil

    編集担当 :

    Claude Gros

    作曲家 :

    Michel Magne, Jacques Orth

    Screenwriters :

    Pierre Chevalier, Marius Lesoeur

    録音技師 :

    Claude Panier

    スクリプト :

    Ilona Kunesova

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1978

    フランス公開 :

    28/11/1984

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    48750

    ビザ発行日 :

    29/09/1981

    CNC助成 :

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    禁止 :

    16歳未満