このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
愛と宿命の泉  フロレット家のジャン

愛と宿命の泉 フロレット家のジャン

A 長編映画 by Claude Berri

Produced by DD Productions, Renn Productions

Release in France : 27/08/1986

    あらすじ

    1920年代のフランス、プロヴァンス地方。マルセイユに近い町レ・バティード・ブランシュ。兵役を終えて帰って来たウゴラン・スベラン(ダニエル・オートゥイユ)は、伯父のセザール(イヴ・モンタン)の家の近所に住居を定め、念願のカーネーション作りを始めた。“パペ"と呼ばれ、土地の権力者であるスベランは、結婚もせずに独りで暮らしているが、たった一人の後継者である甥のウゴランへの協力には全力を傾けた。カーネーション作りに必要な水は、隣接したカモワン家の土地にある泉が最適だった。その土地の後継者であるマリウス(マルセル・シャンペル)に、その土地を売ってもらおうとパペとウゴランが相談をもちかけたところ、マリウスは頑固に拒絶し、勢いあまったパペは、カッとなって彼を殴り殺してしまった。問題の土地は、しかし、マリウスの妹フロレットの息子ジャン(ジェラール・ドパルデュー)が継ぐことになり、彼は妻のエーメ(エリザベス・ドパルデュー)と娘のマノン(エルネスティーヌ・マズローナ)を伴って、やって来た。カモワンの土地の泉はパペによって隠され、新しい方式の農業を始めたジャンには知られぬままにいた。元収税吏のジャンは農業を本で学び、そんな彼に協力する村の人はいなかった。ジャンはフロレット家とは縁がないと、パペが村人にふれ回っていたからだ。ウゴランに裏心があると知らないジャンは、世話をやいてくれる彼を良き友と信じ、顔が醜いというだけでウゴランを嫌うマノンとエーメを戒めた。一年目は豊作となり、収穫を喜び合うジャン一家であったが、次の夏は雨が降らず、苛酷な干魃に襲われた。ジャンは荒れ、井戸を探し求めた彼は、硬い岩盤を爆破しようとダイナマイトをしかけて、岩盤の破片を身に受け命を落としてしまう。ジャンの葬儀の後、悲しみに沈むエーメとマノン。マノンは、ふと木かげから、パペとウゴランが隠してあった泉のセメントをとりのぞき、喜び抱き合っているのを見てしまった。マノンの目に涙が溢れるのだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (22)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    DD Productions, Renn Productions

    Foreign production companies :

    Rai - Radiotelevisione Italiana, RTS - Radio Télévision Suisse

    フランス国内配給 :

    AMLF

    共同製作 :

    France 2 Cinéma

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (15)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (22)

    製作代表 :

    Claude Berri

    原作者 :

    Marcel Pagnol

    Screenwriters :

    Claude Berri, Gérard Brach

    フォトディレクター :

    Bruno Nuytten

    音声アシスタント :

    Bernard Chaumeil

    製作部長 :

    Roland Thénot

    音声編集担当 :

    Éric Mauer

    スクリプト :

    Hélène Sebillotte

    作曲家 :

    Jean-Claude Petit

    Costume designer :

    Sylvie Gautrelet

    管弦楽編集者 :

    Jean-Claude Petit

    Assistant directors :

    Pascal Baeumler, Isabelle Henry, Xavier Castano

    エグゼクティブプロデューサー :

    Pierre Grunstein

    Co-producers :

    Alain Poiré, ジェラール ドバルデュー

    Sound recordists :

    Pierre Gamet, Laurent Quaglio, Gérard Lamps

    撮影技師アシスタント :

    Rémy Chevrin, Benoît Delhomme, Franck Landron, Pierre Novion

    Editors :

    Arlette Langmann, Noëlle Boisson, Sophie Coussein, Hervé de Luze, Jeanne Kef

    Assistant editors :

    Corinne Lazare, Catherine Serris

    装飾 :

    Bernard Vezat

    Foley artist :

    Jérôme Lévy

    サウンド・ミキサー :

    Dominique Hennequin

    スチールマン :

    Georges Pierre, Bernard Prim

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ, 文学作品翻案

    テーマ :

    田園地帯

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, スイス, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, スイス, フランス)

    製作年 :

    1986

    フランス公開 :

    27/08/1986

    上映時間 :

    2 時間 2 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    59498

    ビザ発行日 :

    11/08/1986

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    ドルビー