このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Truth About Bebe Donge

The Truth About Bebe Donge

A 長編映画 by Henri Decoin

Produced by Ugc

Release in France : 13/02/1952

    あらすじ

    François Donge, a wealthy manufacturer, is fighting death at hospital. He officially suffers from a food poisoning. But actually, his wife Bebe deliberately poisoned him. Flashback: ten years before, Francois meets Bebe. He is already wealthy, and has many affairs. She is an idealistic young woman. He is thinking of taking a wife, she is looking for love...

    Source : IMDb

    俳優 (21)

    映画製作・配給会社 (3)

    Film exports/foreign sales :

    Télédis

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (17)

    監督補佐 :

    Fabien Collin

    せりふ作者 :

    Maurice Aubergé

    プロデューサー :

    André Halley des Fontaines

    フォトディレクター :

    Léonce-Henri Burel

    Sound assistants :

    Robert Cambourakis, Paul Habans

    撮影技師 :

    Henri Raichi

    Editor :

    Annick Millet

    スクリプト :

    Suzanne Durrenberger

    作曲家 :

    Jean Dalve

    Adapter/dialogue writer :

    Maurice Aubergé

    原作者 :

    Georges Simenon

    シナリオライター :

    Maurice Aubergé

    Sound recordists :

    Constantin Evangelou, Jacques Carrère

    撮影技師アシスタント :

    Jean Charvein, Roger Tellier

    製作部長 :

    François Carron

    Assistant editor :

    Denise Reiss

    装飾 :

    Jean Douarinou

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    殺人

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1952

    フランス公開 :

    13/02/1952

    上映時間 :

    1 時間 44 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    11896

    ビザ発行日 :

    12/02/1952

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル