このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
若き日

若き日

A 長編映画 by Georges Lacombe

Produced by Les Films Epoc

Release in France : 24/05/1934

  • Contents

俳優 (13)

映画製作・配給会社

製作代表 :

Les Films Epoc

あらすじ

デパートの売子マリイは仲よしのジゼエルとグルネルの小さいホテルに住んでいた。彼女の恋人ルイは工場の休業のた め失業したが彼の父は彼を植民地に適当な仕事があるのでそこへ出発させようとした。そのおりマリイはルイとつまらぬ事から口論し二人は誤解したまま別れル イは植民地へと向かった。マリイは失望の余りセイヌ河へ身投げしたが新聞社の印刷職工ピエールに救われた。その後ピエールはマリイの良き慰め手となり何く れと力をつけてやった。マリイはその後ジャンと云う青年と知り合ったが彼はピエールと同じ新聞社の印刷工で二人は親友だったが共にマリイに恋するように なった。マリイは二人が親友であることを知らず二人もまた一人の女を愛していることを知らずに過ごすうちマリイはいつかピエールとジャンの間に板挟みに なっていた。しかしその時は既に彼女はルイの子供を懐妊していた。マリイは一度自分を救ってくれたピエールに全てを打ち明け様と決心したがその時初めて二 人の男が親友であることを知り彼等から遠ざかろうとした。裏切られたと信じたジャンはマリイを恨んだが、ピエールはかえって心を動かされ、親身な世話をし ようと申し出た。そしていつかは彼女の愛を得る時が来る様にと秘かに願っていた。マリイを片時も忘れることの出来なかったルイは今はモロッコで生計を立て る事が出来た。そして誤解とけたマリイは再びルイの胸へ戻って行った。ピエールは一人寛大な心で彼女を見送るのだった。しかし一抹の寂しさが彼の心に残っ ていた。

Source : movie.walkerplus.com

クレジットタイトル詳細 (7)

製作代表 :

André Hallion

せりふ作者 :

Michel Arnaud

録音技師 :

Jean Lecoq

作曲家 :

Georges Van Parys

監督補佐 :

Michel Arnaud

フォトディレクター :

Harry Stradling

装飾 :

Pierre Schild

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1934

フランス公開 :

24/05/1934

上映時間 :

1 時間 39 分

経過状況 :

公開済み

CNC助成 :

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.37

Audio format :

モノラル

Posters (2)

監督

映画祭でのセレクション

ヴェネツィア国際映画祭 - 1934

ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1934)

Selection

公式コンペティション