このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Counsel for Romance

Counsel for Romance

A 長編映画 by Jean Boyer, Raoul Ploquin

Produced by UFA - Babelsberg Film, L'Alliance Cinématographique Européenne (ACE)

Release in France : 18/12/1936

    あらすじ

    Monsieur Serval has made a deal with his daughter Jacqueline. She can be a lawyer and act her own way provided that, in a given period of time, she becomes a great name of the profession. If she does not, she must pledge herself to marry the son of a rich man, Monsieur Feutrier. Jacqueline accepts and starts her career by defending Pierre Besnard, a bad Boy. Not only does she get the case dismissed but she falls in love with Pierre as well. But she is not famous for all that and sooner or later she will have to bring herself to marry Feutrier's son...

    Source : IMDb

    俳優 (16)

    映画製作・配給会社 (3)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (7)

    Assistant directors :

    Louis Chavance, Roger Blanc

    プロデューサー :

    Raoul Ploquin

    録音技師 :

    Hermann Fritzsching

    作曲家 :

    Georges Van Parys

    せりふ作者 :

    Jean Boyer

    シナリオライター :

    Jean Boyer

    編集担当 :

    Klaus Stapenhorst

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    センチメンタルコメディ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    ドイツ, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    50%フランス (ドイツ, フランス)

    製作年 :

    1936

    フランス公開 :

    18/12/1936

    上映時間 :

    1 時間 20 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    不明

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル