このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
She Returned at Dawn

She Returned at Dawn

A 長編映画 by Henri Decoin

Produced by Les Productions Bercholz

Release in France : 18/11/1938

    あらすじ

    Fascinated by train travel, Anita (Danielle Darrieux) impulsively marries the railroad stationmaster (Pierre Dux). Upon receiving an inheritance from a relative in Budapest, our heroine seizes the opportunity to make a long and portentously glamorous rail trip to the Hungarian capitol. In the course of her subsequent adventures, she falls in love with a handsome jewel thief (Jacques Dumesnil) and a likable playboy (Pierre Mitaud), but by film's end, the chastened Anita returns to the arms of her understanding husband.

    Source : allmovie.com

    俳優 (12)

    映画製作・配給会社 (3)

    Film exports/foreign sales :

    Editions René Château

    クレジットタイトル詳細 (12)

    Adapter/dialogue writer :

    Henri Decoin

    原作者 :

    Vicki Baum

    Screenwriters :

    Henri Decoin, Pierre Wolff

    録音技師 :

    Antoine Archimbaud

    製作部長 :

    Pierre Geoffroy

    装飾 :

    Serge Pimenoff

    せりふ作者 :

    Pierre Wolff

    プロデューサー :

    Joseph Bercholz

    フォトディレクター :

    Léonce-Henri Burel

    Camera operators :

    Georges Régnier, Henri Tiquet

    Editor :

    Marguerite Beauge

    作曲家 :

    Paul Misraki

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1938

    フランス公開 :

    18/11/1938

    上映時間 :

    1 時間 30 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    2474

    ビザ発行日 :

    28/02/1941

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル