このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Huis-clos

Huis-clos

A 長編映画 by Jacqueline Audry

Produced by Les Films Marceau

Release in France : 22/12/1954

    あらすじ

    The scene is a tawdry hotel room in Limbo, where several damned souls are gathered. At first, the group fails to comprehend where they are or why they're there. When the horrible truth dawns upon them, they carp and snipe at one another, blaming everyone but themselves for their dismal fate.

    俳優 (32)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Les Films Marceau

    フランス国内配給 :

    Les Films Marceau

    Film exports/foreign sales :

    TF1 Studio (ex-TF1 International)

    クレジットタイトル詳細 (15)

    製作代表 :

    Edmond Tenoudji

    Adapter/dialogue writer :

    Pierre Laroche

    原作者 :

    Jean-Paul Sartre

    録音技師 :

    Antoine Archimbaud

    製作部長 :

    André Cultet

    Continuity supervisors :

    Suzanne Cabon, Suzanne Durrenberger

    作曲家 :

    Joseph Kosma

    演出助手 :

    Tonio Suné

    Assistant directors :

    Roland Gritti, Serge Vallin

    せりふ作者 :

    Pierre Laroche

    フォトディレクター :

    Robert Juillard

    撮影技師 :

    Jacques Robin

    Editor :

    Marguerite Beauge

    装飾 :

    Maurice Colasson

    スチールマン :

    Jacques Lacourie

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ, 文学作品翻案

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1954

    フランス公開 :

    22/12/1954

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    15766

    ビザ発行日 :

    22/12/1954

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル