このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
熱い手

熱い手

A 長編映画 by Gérard Oury

Produced by Franco-London Films, Les Films Gibé

Release in France : 03/04/1960

    あらすじ

    パリの八月はバカンス(避暑休暇)の季節である。ある日、後家のラコスト夫人は、避暑地に出かけるため猫をあずけに出かけ、犬猫あずかり所でジャ ン・レキュイエという四十男と知りあった。サン・ラザール駅のカフェの給仕である彼は、巧みにラコスト夫人に言い寄った。そしてラコスト夫人は、不幸なレ キュイエの息子のためという名目で、バカンスのために貯えた十万フランを彼に与えた。レキュイエには、二十歳の若い情婦イベット(マーシャ・メリル)がい た。十万フランはお腹の子供を処理するために、イベットがレキュイエにねだっていたお金だった。ところが、イベットには若いボーイ・フレンド、ミッシェル (ジャック・シャリエ)がいた。イベットが妊娠しているとは実はまっかな偽り。彼女はミッシェルとイタリア旅行に行くために、十万フランが欲しかったので ある。十万フランはイベットの手からミッシェルにわたった。ミッシェル青年は悩んでいた。クリスチャーヌ(フランカ・ベットーヤ)という大金持の娘が近頃 彼の気をひいてくる。彼は、美しいが貧しい育ちのイベットより、金持の娘のクリスチャーヌの方に心をひかれるのである。彼は、クリスチャーヌに愛の証拠と して十万フランを与え、彼女とともにイタリア旅行にでかける決心をした。しかし、クリスチャーヌは、本当は金持の邸宅の門番の娘だった。自分のような貧し い、美しくない娘は、幸福をだまし取るよりしかたがないというのが、彼女の人生観である。彼女は十万フランを貧しい祖母に与え、スクーターでミッシェルと イタリアへの旅に出た。その頃、ラコスト夫人は、猫をとりに犬猫あずかり所に出かけた。レキュイエがあずけた猫を自分の猫といっしょにかえしてもらい、一 人でとぼとぼ孤独な家へと歩をはこんだ。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (15)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Franco-London Films, Les Films Gibé

    Film exports/foreign sales :

    Télédis

    海外製作作品 :

    Mira Film

    クレジットタイトル詳細 (10)

    Producers :

    Henry Deutschmeister, Joseph Bercholz , Edouard Gide

    フォトディレクター :

    André Villard

    製作部長 :

    Léon Canel

    スクリプト :

    Helly Stérian

    作曲家 :

    Maurice Jarre

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    スリラー

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1960

    フランス公開 :

    03/04/1960

    上映時間 :

    1 時間 34 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    22447

    ビザ発行日 :

    01/02/1960

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル