このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Love and Larceny

Love and Larceny

A 長編映画 by Dino Risi

Release in France : 24/05/1961

  • Contents

俳優 (14)

映画製作・配給会社 (3)

共同製作 :

Société Générale de Cinématographie (SGC)

フランス国内配給 :

Marceau-Cocinor

Foreign production companies :

CEI INcom, Maxima Film Compagnia Cinematografica

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

Gerardo (Gassman) starts out as a vaudeville performer and noting that acting abilities can be used for less legit purposes, he creatively assumes different guises in order to con people out of anything from a pair of shoes to ultimately mucho lira. In one of his escapades he passes himself off as Greta Garbo, donning an appropriate disguise, and has all manner of paparazzi ready to take the bait. He did not learn all his inventive and often spontaneous tricks alone, his cellmate Chinotto (Peppino de Filippo) was a great mentor. But even his cellmate could not coach him on how to remain single after his girlfriend Annalise (Anna Maria Ferrero) sets her heart on matrimony.

クレジットタイトル詳細 (7)

海外プロデューサー :

Mario Cecchi Gori

フォトディレクター :

M. Dallamano

装飾 :

Giorgio Giovannini

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー

言語 :

イタリア語

出身 :

イタリア, フランス

Original French-language productions :

不明

製作年 :

1960

フランス公開 :

24/05/1961

上映時間 :

1 時間 35 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

23901

ビザ発行日 :

24/05/1961

CNC助成 :

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

スコープ

Audio format :

モノラル

Posters (4)

監督

映画祭でのセレクション

ベルリン国際映画祭 - 1960

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1960)

Selection

Official Competition