このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
陽気なドン・カミロ

陽気なドン・カミロ

A 長編映画 by Julien Duvivier

Produced by Rizzoli Film, Francinex

Release in France : 04/06/1952

    あらすじ

    イタリアの田舎町。共産党の地区書記長ペポネ(ジーノ・チェルヴィ)が新町長となって、ペポネの幼馴染の司祭ドン・カミロ(フェルナンデル)はあん な無学な乱暴者がと内心すこぶる面白くない。ドン・カミロは教会の鐘を叩いて、町の広場で行われていたペポネの演説を妨害した。ペポネに赤ん坊が産れたと きは、その洗礼名のことで二人は大喧嘩したが、このときはペポネが折れて一応落着した。ペポネが“人民の家"の建設に着手したので、これに対抗してドン・ カミロは遊園地建設にとりかかった。農民のストライキが起ってペポネは率先指揮に当ったが、ドン・カミロは出産する牛の世話をしてやろうとピケ・ラインを 破って農場に忍びこみ、結局ペポネもドン・カミロに手伝わされてしまった。その帰り途、ドン・カミロは町からやってきたスト応援隊と大喧嘩をやらかし、大 司教にお小言をくった。親たちの反目から結婚を許してもらえぬマリオリーノとジーナは、投身自殺を計ったが、ドン・カミロ、ペポネ以下村人の協力によって 救われ、遊園地の開園式の日にめでたく結婚式をあげた。その日は“人民の家"の開館式もあったが、その夜、ドン・カミロはふとしたことから大暴れし、つい に大司教から転任を命ぜられた。村を去る日、ペポネの命令で駅には誰も見送りに来ない。悄然と列車の人となったドン・カミロは、次の駅でペポネ派の眼をさ けて先廻りしていた保守派の人たちの大歓送をうけた。そして、その次の駅には、なんとペポネ一派が彼を見送ろうと待構えていた。「保守派の前で面子を失い たくないんだ」ペポネはそう囁いて彼の帰村を待つといった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (6)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Rizzoli Film, Francinex

    フランス国内配給 :

    Société Nouvelle des Acacias (SNA)

    Film exports/foreign sales :

    Pandora

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    ジュリアン・デュヴィヴィエが「アンリエットの巴里祭」に先立って監督した諷刺喜劇。仏伊合作の一九五一年作品である。ジョヴァンニ・グアレスキの 原作より、デュヴィヴィエと「女の獄舎」のルネ・バルジャヴェルが脚色と台詞執筆に当った。「パリの空の下セーヌは流れる」のニコラ・エイエが撮影を監 督、音楽は「われら女性」のアレッサンドロ・チコニーニ。主演は「禁断の木の実」のフェルナンデルで「終着駅」のジーノ・チェルヴィが共演、以下「嘆きの テレーズ」のシルヴィー、「鉄格子の彼方」のヴェラ・タルキ、「靴みがき」のフランコ・インテルレンギ、「肉体の悪魔(1947)」のシャルル・ヴィ シェールなどが出演。なお、映画中のキリストの声はジャン・ドビュクウルである。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (9)

    監督補佐 :

    Serge Vallin

    Producers :

    Angelo Rizzoli, Marcel Roux

    フォトディレクター :

    Nicolas Hayer

    Editor :

    Maria Rosada

    作曲家 :

    Alessandro Cicognini

    原作者 :

    Giovanni Guareschi

    Screenwriters :

    Julien Duvivier, René Barjavel

    録音技師 :

    Jacques Carrère

    スクリプト :

    Denise Morlot

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    ごく一部フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1951

    フランス公開 :

    04/06/1952

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    12409

    ビザ発行日 :

    29/05/1952

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし