このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Marie la misère

Marie la misère

A 長編映画 by Jacques De Baroncelli

Produced by Centra Cinéma

Release in France : 03/10/1945

    あらすじ

    Marie is one of her kind. While the other girls are after gold, diamonds and jewels, she swears by ... poverty! She does not remain the companion of a banker too long for obvious reasons. But when she can be the muse of a poor music composer it is fine by her. Unless the musician becomes too famous...! Then, she leaves him! But maybe not forever... He can fall into poverty again, can't he?

    Source : IMDb

    俳優 (13)

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Centra Cinéma

    クレジットタイトル詳細 (10)

    製作代表 :

    Lucien Rappel

    Adapter/dialogue writer :

    Françoise Giroud

    シナリオライター :

    Jean Féline

    Production managers :

    Jean Théry, Jean Mugeli

    装飾 :

    Pierre Marquet

    監督補佐 :

    Henri Lepage

    せりふ作者 :

    Jean Féline

    録音技師 :

    Louis Perrin

    Editor :

    Jeannette Berton

    作曲家 :

    Bruno Coquatrix

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1945

    フランス公開 :

    03/10/1945

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    585

    ビザ発行日 :

    14/08/1945

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル