このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Capture

The Capture

A 短編映画 by Geoffrey Lachassagne

Produced by La Huit Production

製作年 : 2015

    あらすじ

    Pierre Bergounioux  is one of the majeur authors of our time, If his work has a universal impact, it also has its privileged territories: history and literature, tmemory and writing, the childhood and the Corrèze. A word, thus, but also a knotty, vibrating body, giacomettien. Devoured with passions, Pierre collects with an equal ferocity things and words to say them, scrap, insects, everything.

    Six months ago, we left together up to Millevaches. I had asked him to capture,for us, his favorite insects: a beetle, a butterfly. We had ten days. It was June, it should have been beautiful, teeming with insects. But that would have been to good to be true, too easy. It would not have been Millevaches. It would not have been Pierre.

    Participant

    映画製作・配給会社

    製作代表 :

    La Huit Production

    Photos

    クレジットタイトル詳細 (11)

    製作代表 :

    Gilles Le Mao

    Director of photography :

    Pascale Granel

    撮影技師アシスタント :

    Antoine d'Artemare, Nicolas Deblonde , Sarah Cunningham

    Editors :

    Geoffrey Lachassagne, Mathias Bouffier

    作曲家 :

    Nicolas Becker

    Participant :

    Pierre Bergounioux

    監督補佐 :

    Samuel Deleron

    Sound recordist :

    Graciela Barrault

    Production managers :

    Alain Bastide, Elsa Barthélémy

    音声編集担当 :

    Jean-Marc Schick

    サウンド・ミキサー :

    Jean-Marc Schick

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    サブジャンル :

    創作ドキュメンタリー

    テーマ :

    文学, 自然, 科学と自然

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2015

    上映時間 :

    50 分

    ニュメロ·デ Visa :

    134.297

    ビザ発行日 :

    13/11/2015

    生産のフォーマット :

    HD 4K

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    16/9

    Audio format :

    ステレオ

    禁止 :

    なし

    監督

    映画祭でのセレクション