このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Tristesse et beauté

Tristesse et beauté

A 長編映画 by Joy Fleury

Produced by Pacific Productions

Release in France : 28/08/1985

    あらすじ

    Hugo (Andrzej Zulawski) is a writer whose one great book was based on an affair he had with Lea (Charlotte Rampling), a sculptor. Bereft of inspiration for a follow-up, Hugo returns years later to rekindle the flame of romance and creativity. Lea soundly rejects him, and her student Prudence (Myriem Roussel) feels a burning hatred for the man who deserted the woman/teacher she admires. So after Hugo returns to his wife and family in Paris, Prudence hunts him down to perversely seduce him in a mocking manner. In the meantime, she and Hugo's son Martin (Jean-Claude Adelin) fall in love for real. After Prudence goes back home, Martin comes for a visit -- with accidentally unhappy results for all concerned.

    俳優 (8)

    映画製作・配給会社 (3)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (10)

    製作代表 :

    Pierre Novat, Jean-Claude Fleury

    原作者 :

    Yasunari Kawabata

    フォトディレクター :

    Bernard Lutic

    Editor :

    Nelly Meunier

    作曲家 :

    Jean-Claude Petit

    Adapters/dialogue writers :

    Joy Fleury, Pierre Grillet

    Screenwriters :

    Joy Fleury, Pierre Grillet

    製作部長 :

    Hugues Nonn

    装飾 :

    Dan Weil

    サウンド・ミキサー :

    François de Morant

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理ドラマ

    テーマ :

    エロチシズム

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1985

    フランス公開 :

    28/08/1985

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    59388

    ビザ発行日 :

    02/05/1985

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ