このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Woman of Evil

The Woman of Evil

A 長編映画 by Edmond T. Gréville

Produced by Bureau Cinématographique et Musical (BCM), La France En Marche

Release in France : 23/09/1947

    あらすじ

    The Woman of Evil is a lady named Louvaine (Helena Bossis). She's a pianist in a tiny café, where her erstwhile lovers, landowner Laurent (Charles Vanel) and surgeon Diego (Jean Chevrier), make nightly visits. The rising passions within the café are counterpointed by the rising flood waters in the surrounding region.

    Source : allmovie.com

    俳優 (6)

    映画製作・配給会社 (2)

    クレジットタイトル詳細 (11)

    監督補佐 :

    Louis A. Pascal

    Dialogue Writers :

    Norbert Carbonnaux, Jean Josipovici, Max Joly

    Screenwriters :

    Max Joly, Jean Josipovici, Edmond T. Gréville

    録音技師 :

    Paul Habans

    スクリプト :

    Lucie Lichtig

    作曲家 :

    Jean Wiener

    Adapters/dialogue writers :

    Edmond T. Gréville, Max Joly, Jean Josipovici

    プロデューサー :

    Jean Jeannin

    フォトディレクター :

    Henri Alekan

    編集担当 :

    Georges Arnstam

    装飾 :

    Jean Douarinou

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1947

    フランス公開 :

    23/09/1947

    上映時間 :

    1 時間 35 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    不明

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル