このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
One Is Always Too Good to Women

One Is Always Too Good to Women

A 長編映画 by Michel Boisrond

Produced by Marianne Productions, Intermondia Films

Release in France : 09/06/1971

    あらすじ

    Ireland, 1916, during one of the peak periods of revolutionary violence. Seven Irish revolutionaries have taken over a post office, totally evacuating the building. Or so they think. They missed Gertie Gertel, who was in the bathroom at the time. By the time she is discovered, they are sufficiently besieged that for her own safety, she must stay with them. Gertie, it turns out, is about as pro-British as it is possible to be, and the seven take it on themselves, in the midst of battles and gunfights, to win her over to their cause.

    俳優 (17)

    映画製作・配給会社 (3)

    クレジットタイトル詳細 (10)

    せりふ作者 :

    Marcel Jullian

    Producers :

    Jean-Paul Guibert, Henri Michaud

    録音技師 :

    Urbain Loiseau

    編集担当 :

    Albert Jurgenson

    作曲家 :

    Claude Bolling

    原作者 :

    Raymond Queneau

    フォトディレクター :

    Alain Levent

    製作部長 :

    Jacques Pignier

    装飾 :

    François Lamothe (de)

    サウンド・ミキサー :

    Lucien Yvonnet

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    歴史的, コメディー

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1971

    フランス公開 :

    09/06/1971

    上映時間 :

    1 時間 17 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    37726

    ビザ発行日 :

    08/06/1971

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル