このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
小さな赤いビー玉

小さな赤いビー玉

A 長編映画 by Jacques Doillon

Produced by Renn Productions

Release in France : 10/12/1975

    あらすじ

     ドワイヨンの長篇第二作は、その後の彼らしからぬ(「ピストルと少年」までは)、ナチ占領下のパリ近郊を舞台にしたユダヤ人兄弟の物語。彼自身の企画で はなく、会社の依頼で彼が演出を担当した作品だが、とてもひなびた郷愁を誘う“少年期もの”とは言えず、硬質な描写力で、戦争の現実に剥き身で直面し逞し く生き抜こうとする少年たちを的確に捉え、厳しさと共に深い余情を漂わす作品だ。'41年、クリニャンクールの町にもドイツ軍がうろつき始めていた。そこ で床屋を営むユダヤ人のジョッフォは一家に危険の迫るのをひしひしと感じ、まず子供たちを非占領地域下に送り込むことを考える。四人兄弟のうち先に上の二 人を南仏に発たせ、学校終了後、12歳のモーリスと10歳のジョゼフも南仏へ向かわせた。列車の中では早速検問が……。しかし、隣り合わせた神父の機転で なんとか切り抜ける二人。いよいよ非占領域に通じる道を往く。ここでもパン屋の青年の助けでパンを運ぶ巨大な篭の中にもぐり込み、歩哨の目をごまかして越 境に成功する。そして行く先々、畑仕事や乳搾りを手伝っては空腹をしのぎ、二人の兄の持つマントンへと歩み続けた。だが、南仏も決して安全な場所ではな い。独軍の代わりにここでは伊軍の目が光っていた。ある日、割礼の有無を調べられた彼らは道に抑留され、過酷な労働を課される。そんな中にも、フランソ ワーズというユダヤ少女と知り合った二人は彼女にほのかな恋心を抱くのだった。が、彼女の父親はナチス協力を問われ惨殺される。やがて、逃げ出した兄弟は 無事兄たちに合流。そこへ父母も無事到着した。なのに……。全体に戦争の痛ましさを冷静に見つめる中、少女フランソワーズとの交流がほのかに暖かく胸に残 る。

    Source : allcinema.net

    俳優 (19)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Renn Productions

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Distribution

    Associate producers :

    AMLF, Films Christian Fechner

    フランス国内配給 :

    AMLF

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (20)

    Assistant directors :

    Lionel Bernier, Anne Pampuzac

    原作者 :

    Joseph Joffo

    アソシエートプロデューサー :

    Christian Fechner

    フォトディレクター :

    Yves Lafaye

    撮影技師アシスタント :

    Manuel Teran

    製作部長 :

    Jérôme Kanapa

    Sound editor :

    Sophie Tatischeff

    スクリプト :

    Claude Luquet

    キャスティング :

    Dominique Besnehard

    サウンド・ミキサー :

    Jean Nény

    Adapters/dialogue writers :

    Denis Ferraris, Jacques Doillon

    プロデューサー :

    Claude Berri

    エグゼクティブプロデューサー :

    Pierre Grunstein

    録音技師 :

    Michel Faure

    撮影技師 :

    Gérard de Battista

    Editor :

    Noëlle Boisson

    Assistant editors :

    Catherine Quesemand, François Goyet

    作曲家 :

    Philippe Sarde

    Costume designer :

    Mic Cheminal

    Location managers :

    Philippe Lievre, Yvon Crenn

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    テーマ :

    思春期, 戦争

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1975

    フランス公開 :

    10/12/1975

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    43474

    ビザ発行日 :

    10/12/1975

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル