このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
 Agent 505 - The Trap Door Falls in Beirut

Agent 505 - The Trap Door Falls in Beirut

A 長編映画 by Manfred Köhler

Release in France : 13/07/1966

    あらすじ

    A couple of beautiful girls are murdered while sunbathing at a luxury hote. The killer too is murdered, but able to reveal – before dying- that they were disposed of because the “knew too much”. Something bad is being planned in Beirut, and it has something to do with a man called The Sheikh, who has only four fingers. It seems this isn’t a lone incident. The Sheikh is also thought to be behind the assassination of several prominent scientists.

    俳優 (9)

    映画製作・配給会社 (3)

    共同製作 :

    Compagnie Lyonnaise de Cinéma

    フランス国内配給 :

    Les Films Jacques Leitienne

    Foreign production companies :

    Rapid film, Metheus Film

    クレジットタイトル詳細 (6)

    Screenwriters :

    Manfred Köhler, Mario Siciliano

    共同製作 :

    Henri Giraud

    録音技師 :

    Erwin Jennewein

    Foreign producers :

    Wolf C. Hartwig, Mario Siciliano

    フォトディレクター :

    Rolf Kästel

    作曲家 :

    Ennio Morricone

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    アドベンチャー

    テーマ :

    スパイ

    出身 :

    ドイツ, イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1965

    フランス公開 :

    13/07/1966

    上映時間 :

    1 時間 33 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    31258

    ビザ発行日 :

    06/06/1966

    CNC助成 :

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル

    Posters (3)

    監督