このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ラウンド・ミッドナイト

ラウンド・ミッドナイト

A 長編映画 by Bertrand Tavernier

Produced by Productions et Éditions Cinématographiques Françaises (PECF)

Release in France : 24/09/1986

    あらすじ

    パリ、1959年。アメリカのテナー・サックス奏者デイル・ターナー(デクスター・ゴードン)がクラブブルーノートに出演するためにやって来た。盛 りを過ぎたとはいえ長年、サックスの巨人として君臨してきたデイルの来仏は、パリのジャズ・ファンの心をときめかした。デイルを迎えたのはクラブの音楽監 督でピアニストのエディ・ウェイン(ハービー・ハンコック)やヴァイブのエース(ボビー・ハッチャーソン)といった気心の知れた仲間たち、それにクラブの オーナー、ベン(ジョン・ベリー)らであった。クラブは久々に大物の来場で湧き返った。その音を、クラブの外で雨にうたれながらじっと聴いている若者がい た。貧しいグラフィック・デザイナーのフランシス・ボリエ(フランンワ・クリューゼ)で、彼はみすばらしいアパートで待っていた9歳の娘ベランジェール (ガブリエル・アケル)にその感激を語って聞かせた。「彼は神のように素晴らしかった!」フランシスは妻(クリスチーヌ・パスカル)と別れ、男手ひとつで 娘を育てていたのだ。やがてデイルとフランシスは意気投合--英語が分からないベランジェールもデイルに親しんだ。しかし、フランシスには不安もあった。 デイルはアル中で、酒が入ると姿をくらませてしまうのだ。フランシスはデイルを家に引き取り、面倒を見ることにした。数ヵ月後、ついに別れの時がやって来 た。デイルがニューヨークヘ帰る日が来たのだ。パリ在住のジャズメンを招いての賑やかなファミリー・パーティ、待望のスタジオ録音、リヨンへの旅など数々 の思い出を残して…別れ難いフランシスはデイルについてアメリカに行く決心をかためた。だがアメリカでのデイルの演奏は若い聴衆には受け入れられず、失意 の日々が続いた。フラスシスはそれが耐えられず、今度こそ本当に別れを告げ、パリに旅立った。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (28)

    映画製作・配給会社 (4)

    共同製作 :

    Little Bear

    フランス国内配給 :

    Warner Bros. (France)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (10)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (20)

    製作代表 :

    Irwin Winkler

    Adapters/dialogue writers :

    Bertrand Tavernier, David Rayfiel

    共同製作 :

    Bertrand Tavernier

    録音技師 :

    Michel Desrois

    撮影技師アシスタント :

    Laurent Fleutot, Dominique Pinto

    製作部長 :

    Pierre Saint-Blancat

    Sound editor :

    Sophie Cornu

    装飾 :

    Alexandre Trauner

    Foley artist :

    Jean-Pierre Lelong

    サウンド・ミキサー :

    William Flageollet

    Assistant directors :

    Frédéric Bourboulon, Véronique Bourboulon, Philippe Berenger

    シナリオライター :

    Christophe Blanc

    フォトディレクター :

    Bruno de Keyzer

    音声アシスタント :

    Jean-Michel Chauvet

    撮影技師 :

    Yves Angelo

    編集担当 :

    Armand Psenny

    スクリプト :

    Claudine Taulère

    作曲家 :

    Herbie Hancock

    Costume designer :

    Jacqueline Moreau

    スチールマン :

    Étienne George

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    音楽

    言語 :

    フランス語, 英語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1986

    フランス公開 :

    24/09/1986

    上映時間 :

    2 時間 10 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    60797

    ビザ発行日 :

    23/07/1986

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    ドルビー

    Posters (1)

    監督

    ニュース

    映画祭でのセレクション (3)

    オスカー  - 1987

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1987)

    Selection

    Nomination for Best Actor in a Leading Role : Dexter Gordon

    ヴェネツィア国際映画祭 - 1986

    ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 1986)

    Selection

    公式コンペティション

    受賞

    セザール賞(フランス映画) - 1987

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1987)

    賞 (2)

    César Award for Best Original Score : Herbie Hancock

    César Award for Best Sound : Michel Desrois, William Flageollet, Bernard Leroux, Claude Villand