このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
記憶すべきマリー - Poster France

記憶すべきマリー

A 長編映画 by Philippe Garrel

Release in France : 08/03/1972

    あらすじ

    It is a story of two teenagers, Marie and Jésus who love each other and wants to live together. Their parents refuse this idea. Marie and Jésus get hurt under the order of a police-society. Marie gets pregnant, and her mother forces her to have an abotion and to leave Jésus...

    俳優 (11)

    映画製作・配給会社 (2)

    共同製作 :

    O.R.T.F.

    フランス国内配給 :

    Capital Cinéma

    Subject

    Marie pour mémoire is the first feature film of Philippe Garrel, he shot it when he was 19 years old. The movie won the Grand Prix at the Hyères young cinema festival in April 1968.

    Philippe Garrel said about this film: "Marie describes the trauma of the new generation."

    クレジットタイトル詳細 (6)

    せりふ作者 :

    Philippe Garrel

    シナリオライター :

    Philippe Garrel

    録音技師 :

    Jacques Dumas

    アソシエートプロデューサー :

    Claude Berri

    フォトディレクター :

    Michel Fournier

    作曲家 :

    François Garrel

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション, 実験映画

    テーマ :

    思春期, 宗教, 寓話, 妊娠

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1967

    フランス公開 :

    08/03/1972

    上映時間 :

    1 時間 14 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション