このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
バンコ・バンコ作戦

バンコ・バンコ作戦

A 長編映画 by André Hunebelle

Produced by Compagnie Industrielle et Commerciale Cinématographique (CICC), Production Artistique et Cinématographique (PAC)

Release in France : 12/06/1964

    あらすじ

    バ ンコック近郊で作られたペスト菌ワクチンが某国の手にわたり、恐るべき細菌戦が準備されていることをつきとめたアメリカの諜報組織は、急拠OSS117を 現地バンコックに急行させた。バートン(カーウィン・マシューズ)通称OSS117号は現地に到着後直ちに活動を開始したが、たちまち見えない敵に襲わ れ、やっとのことで窮地を脱出した。アメリカ大使館でのパーティーの席上、バートンは医師で催眠術師というシン博士(ロベール・オッセン)とその妹リラ (ピア・アンジェリ)に紹介された。バートンはリラにほのかな愛を覚えるが、そんなとき彼は正体の知れぬ組織に誘拐されてしまった。「劣悪種族」を地上か ら絶滅するためにコレラ・ワクチンと偽ってペスト菌をばらまくことを目的としている機関だった。バートンはリラの協力で脱出に成功、さらに忠実な部下ソン サク(アコム・モクラノンド)とともに、敵機関の正体をあばくことに成功した。それが何とシン博士だった。バートンはパゴダの地下に隠されたシン博士の秘 密の細菌研究所を襲って破壊、見事OSS117としての使命を果した。バートンがリラとの愛に楽しいひとときを過ごしたのはいうまでもない。

    俳優 (12)

    映画製作・配給会社 (4)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (15)

    監督補佐 :

    Jacques Besnard

    Dialogue Writers :

    Michel Lebrun, Pierre Foucaud

    Producers :

    André Hunebelle, Paul Cadéac

    Foreign producers :

    Marcello Danon, Pietro Bregni

    フォトディレクター :

    Raymond Lemoigne

    編集担当 :

    Jean Feyte

    作曲家 :

    Michel Magne

    演出助手 :

    Roger Boulais

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    アクション, アドベンチャー

    テーマ :

    スパイ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1964

    フランス公開 :

    12/06/1964

    上映時間 :

    1 時間 58 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    28375

    ビザ発行日 :

    08/06/1964

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル