このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
L'Amour, Madame

L'Amour, Madame

A 長編映画 by Gilles Grangier

Produced by Sirius Films, Les Films Raoul Ploquin

Release in France : 23/01/1952

    あらすじ

    Longtime French film favorite Arletty is decidedly the star of L'Amour, Madame. Cast as "herself," the actress is required early in the proceedings to share her railroad sleeping car with star-struck young Francois (Francois Perier). It's all very innocent, of course, and the two part as good friends when they reach their destination. But the boy's publicity-hungry mother (Mirielle Perrey) blows the incident all out of proportion, and before long the couple is being linked romantically in the newspapers. This misguided publicity stunt blows up in the mother's face, but the young man emerges from the experience a better and more successful fellow.

    Source : allmovie.com

    俳優 (21)

    映画製作・配給会社 (2)

    フランス国内配給 :

    Sirius Films

    クレジットタイトル詳細 (13)

    原作者 :

    Felix Gandera, Claude Gével

    Screenwriter :

    Françoise Giroud

    録音技師 :

    Paul Boistelle

    製作部長 :

    Raoul Ploquin

    スクリプト :

    Martine Guillou

    作曲家 :

    Georges Van Parys

    演出助手 :

    Georges Charlot

    プロデューサー :

    Raoul Ploquin

    フォトディレクター :

    Jean Isnard

    撮影技師 :

    Jacques Klein

    Editor :

    Madeleine Gug

    装飾 :

    Robert Clavel

    Costume designer :

    Blanche Van Parys

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    センチメンタルコメディ

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1951

    フランス公開 :

    23/01/1952

    上映時間 :

    1 時間 29 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    11873

    ビザ発行日 :

    14/12/1951

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル