このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
La Belle Meunière

La Belle Meunière

A 長編映画 by Marcel Pagnol

Produced by La Belle Meunière

Release in France : 24/11/1948

  • Contents

俳優 (20)

映画製作・配給会社 (2)

製作代表 :

La Belle Meunière

フランス国内配給 :

Gaumont

あらすじ

Franz Schubert retired from Vienna in country for musical writing. He draws his inspiration from a romance with the watermiller's daughter.

Subject

This little-known Marcel Pagnol production stars his wife Jacqueline as a miller's daughter. The film concerns her romance with the rich and powerful Schubert, played by Tino Rossi. However, the storyline of La Belle Meuniere is not as fascinating as the film's technical history. It was lensed in an experimental process called Rouxcolor, wherein four black-and-white images were projected on the screen simultaneously through special tinted lenses, thereby giving the illusion of color and depth. Pagnol had intended to make film in the usual "flat" black-and-white process, but when he became intrigued with Rouxcolor he scrapped his completed footage and started all over. Unfortunately, Rouxicolor proved too cumbersome for widespread distribution.

Source : allmovie.com

クレジットタイトル詳細 (10)

監督補佐 :

Raymond Lamy

フォトディレクター :

Willy-Gricha

撮影技師 :

Roger Ledru

Editor :

Jeanne Rongier

作曲家 :

Tony Aubin

シナリオライター :

Marcel Pagnol

録音技師 :

Marcel Royne

製作部長 :

Joseph Martinetti

装飾 :

Robert Giordani

スチールマン :

Léo Mirkine

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1948

フランス公開 :

24/11/1948

上映時間 :

1 時間 39 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

6769

ビザ発行日 :

22/11/1948

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.37

Audio format :

モノラル

Posters (2)

監督

映画祭でのセレクション

ベルリン国際映画祭 - 1988

ベルリン国際映画祭 (ドイツ, 1988)

Selection

Retrospective