このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ブラック・ムーン

ブラック・ムーン

A 長編映画 by Louis Malle

Produced by NEF - Nouvelles Éditions de Films

Release in France : 24/09/1975

  • Contents

俳優 (4)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

NEF - Nouvelles Éditions de Films

海外製作作品 :

Fida Cinematografica

フランス国内配給 :

Cinema International Corporation (CIC)

共同製作 :

Bioskop Film

Film exports/foreign sales :

Gaumont

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

どうやら女と男との間で戦争が行なわれているらしい非現実的な世界を彷徨ううちにリリー(キャスリン・ハリソン)は一軒の大きな館に入っていく。家の中に は一人の老婆(テレーズ・ギーゼ)がいたが、リリーのことなど目に入らないかのように無線に聞き入っているかと思うと、今度は泣き出したりで、混乱したリ リーの目の前で不思議な出来事が次々と起こっていく。家には他に双子のようによく似た姉(アレクサンドラ・スチュワルト)と兄(ジョー・ダレッサンドロ) がいたが、彼らもまたほとんど無言に近く、リリーのことなど構いもしない。庭にはいつも裸の子供たち、たくさんの動物たち、そして現れては消える一角獣の 姿があった。初めて一角獣と話すことができた日の夜、「トリスタンとイゾルデ」を弾くリリーを様々な幻覚が襲う。すべては夢なのだろうか……。そして誰も いなくなった夜明けの部屋で彼女は運命を告げるかのような一角獣の姿を再び見る。

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

製作はクロード・ネジャール、監督・脚本は「五月のミル」のルイ・マル、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はディエゴ・マッソンが担当。出演はキャスリン・ハリソンほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

近未来の非現実的世界を『不思議の国のアリス』のように彷徨う少女の姿を、ほとんど台詞のないまま描く異色作。製作はクロード・ネジャール、監督・ 脚本は「五月のミル」のルイ・マル、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はディエゴ・マッソンが担当。出演はキャスリン・ハリソンほか。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (13)

監督補佐 :

Fernand Moszkowitcz

プロデューサー :

Claude Nedjar

フォトディレクター :

Sven Nykvist

撮影技師アシスタント :

François Catonné, Bruno de Keyzer

Editor :

Suzanne Baron

美術部長 :

Ghislain Uhry

演出助手 :

Roland Thénot

Adapter/dialogue writer :

Joyce Sherman Buñuel

シナリオライター :

Louis Malle

Sound recordists :

Nara Kollery, Luc Perini

製作部長 :

Paul Maigret

Assistant editor :

Joëlle Barjolin

サウンド・ミキサー :

Jacques Maumont

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション, 実験映画

サブジャンル :

奇妙な

テーマ :

予測

言語 :

英語

出身 :

フランス, ドイツ, イタリア

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, ドイツ, イタリア)

製作年 :

1975

フランス公開 :

24/09/1975

上映時間 :

1 時間 40 分

経過状況 :

公開済み

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

モノラル