このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Sorrow and the Pity

The Sorrow and the Pity

A 長編映画 by Marcel Ophüls

Release in France : 05/04/1971

  • Contents

映画製作・配給会社 (3)

Film exports/foreign sales :

Gaumont

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (2)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

From 1940 to 1944, France's Vichy government collaborated with Nazi Germany. Marcel Ophüls mixes archival footage with 1969 interviews of a German officer and of collaborators and resistance fighters from Clermont-Ferrand. They comment on the nature, details and reasons for the collaboration, from anti-Semitism, xenophobia, and fear of Bolsheviks, to simple caution. Part one, "The Collapse," includes an extended interview with Pierre Mendès-France, jailed for anti-Vichy action and later France's Prime Minister. At the heart of part two, "The Choice," is an interview with Christian de la Mazière, one of 7,000 French youth to fight on the eastern front wearing German uniforms.

Source : IMDb

クレジットタイトル詳細 (6)

製作代表 :

André Harris, Alain de Sedouy

シナリオライター :

Marcel Ophüls

録音技師 :

Bernard Migy

監督補佐 :

Claude Vajda

Directors of Photography :

André Gazut, Jürgen Thieme

編集担当 :

Claude Vajda

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

ドキュメンタリー

テーマ :

戦争

言語 :

フランス語

出身 :

フランス, スイス, ドイツ

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, スイス, ドイツ)

製作年 :

1971

フランス公開 :

05/04/1971

上映時間 :

4 時間 11 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

38336

ビザ発行日 :

20/03/1971

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

16ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.37

Audio format :

モノラル

Posters (4)

監督

映画祭でのセレクション

オスカー  - 1972

オスカー  (アメリカ合衆国, 1972)

Selection

Nomination Oscar du Meilleur documentaire