このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Scarlet Lady

The Scarlet Lady

A 長編映画 by Jean Valere

Produced by Les Films de l'Epée, Les Films La Boëtie

Release in France : 14/05/1969

  • Contents

俳優 (20)

映画製作・配給会社 (4)

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

This dark comedy finds Lucie (Monica Vitti) planning to kill her boyfriend (Maurice Ronet), and then herself, after discovering that he has cheated her out of her inheritance and left her penniless. She decides to binge on champagne and caviar before committing suicide, but is rendered intoxicated and daydreams. Lucie later meets a man (Robert Hussein), and reveals to him her intentions to end it all. He desperately tries to locate her as she continues to binge while waiting for her ex-boyfriend. Soon she decides no man is worth dying over and she later meets the stranger who had cared about her condition in her depressed state of mind.

クレジットタイトル詳細 (14)

製作代表 :

André Genoves

アソシエートプロデューサー :

Jean-Claude Roblin

海外プロデューサー :

Alberto Grimaldi

録音技師 :

Guy Chichignoud

撮影技師 :

Claude Zidi

編集担当 :

Jacques Gaillard

作曲家 :

Jacques Colombier

Dialogue Writers :

Jean Valere, Paul Gegauff

Screenwriters :

Jean Valere, Paul Gegauff

フォトディレクター :

Carlo Di Palma

音声アシスタント :

Gérard Dacquay

製作部長 :

Paul Laffargue

装飾 :

Guy Littaye

スチールマン :

Jean-Louis Castelli

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー

言語 :

フランス語

出身 :

イタリア, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (イタリア, フランス)

製作年 :

1968

フランス公開 :

14/05/1969

上映時間 :

1 時間 30 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

35033

ビザ発行日 :

17/04/1969

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

Audio format :

モノラル