このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
大諜報作戦

大諜報作戦

A 長編映画 by Pierre Gaspard-Huit

Produced by Ciné Alliance, Filmsonor Marceau, Speva films

Release in France : 29/01/1964

  • Contents

俳優 (9)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Ciné Alliance, Filmsonor Marceau, Speva films

フランス国内配給 :

Cocinor

Foreign production companies :

Cinematografica Federiz, Tecisa Film

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

ジ ブラルタルに向かう英国輸送船が原因不明の爆発事故で次々と沈没するという事件が起った。その頃、タンジールのカジノで英軍中尉ジャックソン(ジェラー ル・バレー)は負け続け、多額の借金を負っていた。彼が親しいフラメンコの踊り子ローラ(エリザ・モンテ)に相談すると、軍の機密を売れとそそのかされ た。怒った彼に、ローラは自分の指輪をさし出した。彼が去った後、隣室から現われ、ローラに上等の指輪を与えたのは、エリノアだった。彼女こそスパイ団の 首領であり、カジノでジャックソンをあやつり、彼を窮地に陥し入れた張本人だった。ジャックソンは再度のカードにも負け、ついに軍の機密を盗みだした。す ぐに捕えられたものの彼は脱走し、ローラのもとに身をよせ、スパイ団に入り見事な働きをみせた。しかし、彼の本当の目的は、スパイ団がいかなる方法で英国 船を爆破しているかを知ることだった。彼はエリノアがセールスマンに渡している不良化粧品に目をつけた。調べてみると、石炭状の爆薬が入っていた。その頃 英国船ロンドン号が出航していた。彼は船を救うべく働いたが裏切りが露見し、隠れ家に連行された。その時、警官隊が隠れ家を包囲した。エリノアにあやつら れてはいたが、心からジャソクソンを愛していたローラが急報したのだ。激しい射ち合いの末、スパイ団は全滅したが、ローラも射たれ息をひきとった。ロンド ン号の沈没は救われ、ジャックソンは軍復帰を許された。

クレジットタイトル詳細 (10)

製作代表 :

Michel Safra, Georges Lourau, CharlElie Schluper, Serge Silberman

せりふ作者 :

Robert Thomas

海外プロデューサー :

Angelo Rizzoli

録音技師 :

Antoine Petitjean

Editor :

Louisette Hautecoeur

監督補佐 :

Juan Luis Buñuel

Screenwriters :

Jacques Companeez, Jean Stelli

フォトディレクター :

Cecilio Paniagua

Production managers :

Ully Pickardt, Henri Baum

作曲家 :

André Hossein

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

スリラー

テーマ :

スパイ

言語 :

フランス語

出身 :

イタリア, スペイン, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (イタリア, スペイン, フランス)

製作年 :

1963

フランス公開 :

29/01/1964

上映時間 :

1 時間 37 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

27547

ビザ発行日 :

29/11/1963

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー&白黒

画面セット :

スコープ

Audio format :

モノラル

Posters (4)

監督