このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Everybody Go Home

Everybody Go Home

A 長編映画 by Luigi Comencini

Produced by Dino De Laurentiis Cinematografica

Release in France : 19/05/1961

  • Contents

俳優 (14)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Dino De Laurentiis Cinematografica

フランス国内配給 :

Columbia France

共同製作 :

Orsay Films

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

In this war drama, a band of Italian soldiers, elated to hear that the war is finally over, promptly desert and head for home. Only two soldiers remain loyal to the army and they promptly begin heading back to the main forces. En route they are enticed by partisan soldiers who want the two to join them. Later they are joined by more soldiers. One of them is arrested by the Fascists for concealing an American paratrooper. When the two finally return, the Germans force them to work on a road gang. They are attacked by partisans, and one of the soldiers escapes. His partner is shot so the soldier joins the rebels.

クレジットタイトル詳細 (8)

Dialogue Writers :

Furio Scarpelli, Age

海外プロデューサー :

Dino De Laurentiis

編集担当 :

Nino Baragli

作曲家 :

Angelo Francesco Lavagnino

Screenwriters :

Age, Furio Scarpelli, Luigi Comencini, Marcello Fondato

フォトディレクター :

Carlo Carlini

装飾 :

Carlo Egidi

Costume designer :

Ugo Pericoli

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

言語 :

イタリア語

出身 :

イタリア, フランス

Original French-language productions :

不明

製作年 :

1961

フランス公開 :

19/05/1961

上映時間 :

1 時間 45 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

24367

ビザ発行日 :

21/04/1961

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

Audio format :

モノラル