このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
恐怖に襲われた街

恐怖に襲われた街

A 長編映画 by Henri Verneuil

Produced by Simar Films

Release in France : 09/04/1975

    あらすじ

    パリの高級マンションに住むノラ・エルメール(L・マッサリ)が十七階の自分の部屋の窓から飛びおり、死んだ。死ぬ直前に、何者かに脅迫されている と警察に訴え出た直後の事件だった。この事件を担当することになったパリ警察のルテリエ警部(J・P・ベルモンド)と相棒のモアサック(C・デネール) は、ノラの恋人ジュリオ・コルテス(J・デュトゥープ)を追ったが、大量のヘロインを押収しただけで、この事件を解決するような手掛りは何も得られなかっ た。やがて警察にはミノスと名のる男から、自分がノラ殺しの犯人だという電話が入った。ミノスの次の標的は看護婦のエレーヌ・グラモン(C・モラン)だっ た。ルテリエがエレーヌに脅迫電話の一件を聴取しているとき、同じパリ病院の看護人ピエール・ワルデック(A・M・メルリ)が通りかかった。ワルデックは サングラスの下から「警察は何をしている」となじった。ミノスによる変質狂的な連続女性殺人事件が始まった。ドワゾンという中年婦人が殺され、ルテリエは 犯人を途中まで追いつめたが交通渋帯のために逃げられた。彼はエレーヌの保護に全力をあげた。そんなある夜、緊急患者のために病院に呼び出されたエレーヌ は、ルテリエの保護のかいもなく、ミノスの毒牙にかかった。ミノスが義眼であることを知ったルテリエはワルデックこそが一連の変質狂的殺人事件の犯人であ ることをつきとめた。彼の家に踏込んだルテリエは、次の標的がポルノ女優パメラ・スイートであることを察知したが、一足遅く、ワルデックはすでにパメラの マンションを襲い、一家を人質にして時限爆弾を仕掛けていた。高層マンションだけに地上からでは手が出せないルテリエは、鉄製のケーブルで体を縛り、ヘリ コプターにぶらさがって、マンションの窓から部屋に飛び込んだ。こうしてルテリエはワルデックを逮捕した。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (25)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    Simar Films

    海外製作作品 :

    Mondial Televisione Film (Mondial Te-Fi)

    フランス国内配給 :

    AMLF

    Associate producer :

    Cerito Films

    Film exports/foreign sales :

    STUDIOCANAL

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (21)

    Assistant directors :

    Philippe Lefebvre, Pierre Tati

    せりふ作者 :

    Francis Veber

    シナリオライター :

    Henri Verneuil

    フォトディレクター :

    Jean Penzer

    撮影技師アシスタント :

    François Lartigue, Marcel Corvaisier

    製作部長 :

    Jacques Juranville

    Sound editors :

    Michèle Boehm, Catherine Dubeau

    スクリプト :

    Lucile Costa

    作曲家 :

    Ennio Morricone

    Stunt performers :

    Claude Carliez, Rémy Julienne

    スチールマン :

    Vincent Rossell

    Adapters/dialogue writers :

    Henri Verneuil, Francis Veber, Raf Vallet

    Producers :

    Jean-Paul Belmondo, Marcel Berbert

    あてレコ :

    Henri Verneuil, Francis Lax

    録音技師 :

    Jean Rieul

    Camera operators :

    Charles-Henri Montel, Vladimir Ivanov

    Editors :

    Pierre Gillette, Henri Lanoé

    Assistant editors :

    Nadine Muse, Catherine Dubeau

    装飾 :

    Jean André

    Foley artist :

    Daniel Couteau

    Sound mixers :

    Alex Pront, Jacques Maumont

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    スリラー

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1975

    フランス公開 :

    09/04/1975

    上映時間 :

    2 時間

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    43334

    ビザ発行日 :

    04/04/1975

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル