このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
隣の女

隣の女

A 長編映画 by François Truffaut

Produced by Les films du Carrosse

Release in France : 30/09/1981

  • Contents

俳優 (10)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Les films du Carrosse

Film exports/foreign sales :

MK2 Films (ex MK2)

共同製作 :

TF1 Films Production

フランス国内配給 :

Gaumont

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (3)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

32歳のベルナール(ジェラール・ドパルデュー)は、妻アルレット(ミシェール・ボームガルトネル)と幼ない息子と平穏な日々を送っていた。ある日隣に ボーシャール夫妻が引っ越してきた。夫のフィリップ(アンリ・ガルザン)は、空港に勤めるベテランの菅制官である。美しい妻マチルド(ファニー・アルダ ン)は、フィリップとはかなり歳が離れていた。しかし、彼女が隣人であるベルナールに向ける表情は、何かを含んでいた。彼らが引っ越して来た翌日マチルド はベルナールに電話した。実は二人は、昔恋人同士だったのだ。電話の内容は、お互いの相手に、自分たちの過去を打ち明けたか、ということだった。翌日、 ボーシャール夫妻を夕食に招いたとアルレットから聞いたベルナールは、ジューヴ夫人(ヴェロニク・シルヴェル)の家から電話し、仕事で帰れないと嘘をつい た。ジューヴ夫人は、20年前に愛していた男に裏切られ、そのために窓から飛びおり杖をつく身となっている中年女性で、恋の痛手をベルナールに話して聞か せた。しかし、ベルナールとマルチドは、お互いに罪の意識を持ちながらも、旧交を取り戻していった。遂にホテルでひとときを過ごした二人は、過去を振り返 りお互いの不運を嘆いたが、もう二度と会うのはよそうとマチルドは言いきった。しかし、再び燃え出した炎はたやすく消えない。マチルドの家に行くベルナー ル。フィリップに全てを打ち明けようとするマチルド。しかし、数日後、ボーシャール夫妻は、予定通り、おそい新婚旅行に出かけて行った。その間、ベルナー ルは妻に全て打ち明けた。そして、その時彼は妻が妊娠していることを知った。そのころ、ジューヴ夫人は、彼女を拾ててニュー・カレドニアに行っていた男が 来ることを知り、パリに姿を消していた。今の自分を見られたくないためか、それとも彼のせいで足を悪くしたのを知らせたくなかったためか……。旅先で、マ チルドは、フィリップとのベッドでベルナールの名を呼んだ。彼女はやがて神経衰弱で入院し、そのことをフィリップはベルナールに知らせた。しかし、妻の妊 娠を知ってからは、彼はアルレットにつきっきりだった。ある夜今は空家のはずの隣家で物音を聞いた彼は一人、調べに入った。暗聞の中に拳銃を手にしたマチ ルドの姿があった。

Source : movie.goo.ne.jp

Photos (5)

クレジットタイトル詳細 (20)

Assistant directors :

Suzanne Schiffman, Gilles Loutfi, Alain Tasma

Screenwriters :

François Truffaut, Suzanne Schiffman, Jean Aurel

Sound recordists :

Michel Laurent, Jacques Maumont

撮影技師アシスタント :

Barcha Bauer

製作部長 :

Armand Barbault

Assistant editor :

Marie-Aimée Debril

スクリプト :

Christine Pellé

美術アシスタント :

Pierre Gompertz

Costume designer :

Michèle Cerf

演出助手 :

Roland Thénot

プロデューサー :

François Truffaut

フォトディレクター :

William Lubtchansky

音声アシスタント :

Michel Mellier

Camera operator :

Caroline Champetier

Editor :

Martine Barraqué

製作アシスタント :

Jacques Vidal

装飾 :

Jean-Pierre Kohut-Svelko

作曲家 :

Georges Delerue

管弦楽編集者 :

Georges Delerue

Production secretaries :

Anny Bartanowski, Josiane Couëdel

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ, ロマンス

テーマ :

隣人関係

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1981

フランス公開 :

30/09/1981

上映時間 :

1 時間 46 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

53588

ビザ発行日 :

18/09/1981

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

モノラル

Posters (2)

監督

ニュース

映画祭でのセレクション (4)

Mostra - São Paulo International Film Festival - 2009

Mostra - São Paulo International Film Festival (ブラジル, 2009)

Selection

Official International Selection

セザール賞(フランス映画) - 1982

セザール賞(フランス映画) (フランス, 1982)

Selection (2)

Best Supporting Actress : Véronique Silver

Best Actress : Fanny Ardant