このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ゴルゴダの丘

ゴルゴダの丘

A 長編映画 by Julien Duvivier

Produced by Transat Films

Release in France : 10/04/1935

  • Contents

俳優 (35)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Transat Films

フランス国内配給 :

Sirius

Film exports/foreign sales :

Pathé Distribution

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

ローマ歴七八六年のこの日、エルサレムにはユダヤ全国から巡礼の群集が、逾越節に列らんものと押し寄せていた。この時弟子共からキリストと呼ばれる予言者ナザレのイエスは、群集の歓呼を浴びてエルサレムの町に入っ...

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

「白き処女地」に次ぎ「地の果てを行く」に先んじて製作されてジュリアン・デュヴィヴィエ監督作品で、脚本はデュヴィヴィエが僧会会員ジョゼフ・レイモンと協力して書卸した。出演者は「罪と罰(1935)」のアリ・ボール、「地の果てを行く」のジャン・ギャバン及びロベール・ル・ヴィギャン、舞台出身の人気女優エドヴィージュ・フィエール、「白き処女地」のアンドレ・バッケ、「商船テナシチー」のユベール・プレリエ、「栄光の道」のジャン・フォーレ、「地の果てを行く」のシャルル・グランヴァル、舞台から来たリュカ・グリドゥー、ジュリエット・ヴェルヌイーユ其の他で、撮影は「地の果てを行く」「白き処女地」のジュール・クリュージェが主任として当たった。音楽は「ドン・キホーテ(1933)」「母性の秘密」のジャック・イベールが担当している。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (9)

Assistant directors :

Jean Stelli, Robert Vernay

シナリオライター :

Julien Duvivier

Sound recordists :

Marcel Courmes, Joseph De Bretagne

Editor :

Marthe Poncin

作曲家 :

Jacques Ibert

Adapter/dialogue writer :

Julien Duvivier

フォトディレクター :

Jules Kruger

撮影技師アシスタント :

Robert Juillard, René Ribault, Marc Fossard

装飾 :

Jean Perrier

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

テーマ :

宗教

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1935

フランス公開 :

10/04/1935

上映時間 :

1 時間 35 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

462

ビザ発行日 :

31/08/1940

CNC助成 :

不明

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.37

Audio format :

モノラル

Posters (7)

監督