このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
地の果てを行く

地の果てを行く

A 長編映画 by Julien Duvivier

Produced by Société Nouvelle de Cinématographie (SNC)

Release in France : 25/09/1935

  • Contents

俳優 (26)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Société Nouvelle de Cinématographie (SNC)

フランス国内配給 :

Gray-Film

Film exports/foreign sales :

Pandora

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

パリモンマルトルの夜明け、サン・ヴァンサンの小路で夜遊び帰りの二人の男女が一人の男に突き当たったが、女がふと気がつくと彼女の着物に真っ赤な血がついていた。さては先刻の男は人殺しなのか。先刻の男とはピエ...

Source : movie.goo.ne.jp

Subject

「にんじん」「商船テナシチー」「白き処女地」と同じくジュリアン・デュヴィヴィエの監督作品で、ピエール・マッコルランの小説に基づき、デュヴィヴィエ自身が「外人部隊(1933)」「ミモザ館」のシャルル・スパークと協力して脚本を書き卸した。主役は「白き処女地」「上から下まで」のジャン・ギャバンと「最後の戦闘機」「戦いの前夜」のアナベラとで、「白き処女地」のロベール・ル・ヴィギャンが重要な役を勤めて助演する。その他の出演者は「巴里祭」「最後の億万長者」のレイモン・エーモス、「最後の戦い」「栄光の道」のピエール・ルノワール、「上から下まで」のマルゴ・リオン、コメディー・フランセーズ座のシャルル・グランヴァル、「巴里の屋根の下」のガストン・モド、レーヌ・ポーレエ、助監督のカストロ・ブランコ等である。キャメラは「白き処女地」「戦いの前夜」のジュール・クリュージェ、が主として当たり、音楽は「商船テナシチー」「白き処女地」のジャン・ヴィーネとローラン・マニュエルとが担当した。スペイン領モロッコに出張撮影し、スペイン外国人部隊の援助を得て撮影された映画である。

Source : movie.goo.ne.jp

クレジットタイトル詳細 (10)

Assistant directors :

Jésus Castro Blanco, Robert Vernay

プロデューサー :

Léon Beytout

フォトディレクター :

Jules Kruger

撮影技師アシスタント :

Marc Fossard

装飾 :

Jacques Krauss

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

アドベンチャー

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1935

フランス公開 :

25/09/1935

上映時間 :

1 時間 40 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

1247

ビザ発行日 :

30/09/1941

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.37

Audio format :

モノラル

禁止 :

なし